仮想サーバ

ISOのアタッチ・デタッチ

アタッチ

ISOイメージファイルでのみ提供されているアプリケーションを仮想サーバへインストールする際や、バックアップソフトウエア利用時、OSが起動できない状態でのISOイメージファイルからの復元などにご利用いただけます。

※RHEL7系、CentOS7系のISOをデタッチする前にOS内で「eject」をする必要があります。実施しない場合ポータル上でデタッチするとエラーになりますのでご注意ください。
実行コマンド)
# eject -rv

※VMwareの仮想サーバは、ISOをアタッチしたまま停止することはできません
KVM,VMwareともに必要がないときは、ISOは必ずデタッチしてください。故障時などにアタッチしたままだと復旧できない場合があります。

1.仮想サーバ一覧から、ISOをアタッチする仮想サーバをクリックします。

image219

2.仮想サーバの詳細が表示されるので、「ISOのアタッチ」をクリックします。

image220

3.ISOのプルダウン(1)よりアタッチするISOを選択して、「OK」(2)をクリックします。ISOの選択肢はISOの説明の項目が表示されています。

image221

ご注意:ISOのアタッチ(1回目)が失敗し、エラーが出た場合、もう一度アタッチ操作を実施してください

4.「アタッチされたISO」に、アタッチしたISOが表示されます。

image223

5.仮想サーバにリモート接続するか、コンソール接続します。コンソール接続については、「コンソール接続」をご覧ください。

デタッチ

KVM,VMwareともに必要がないときは、ISOは必ずデタッチしてください。故障時などにアタッチしたままだと復旧できない場合があります。

※RHEL7系、CentOS7系のISOをデタッチする前にOS内で「eject」をする必要があります。実施しない場合ポータル上でデタッチするとエラーになりますのでご注意ください。
実行コマンド)
# eject -rv

※VMwareの仮想サーバは、ISOをアタッチしたまま停止することがきません。

1.仮想サーバ一覧から、ISOをデタッチする仮想サーバをクリックします。

image219

2.仮想サーバの詳細が表示されるので、「ISOのデタッチ」をクリックします。
detach1

3.「はい」をクリックします。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/08/15 2018/08/14