仮想サーバ

提供可能テンプレート一覧 【KCPS Ver2】

テンプレートはKDDIがある時期に作成した仮想サーバのコピーです。最新のパッチが適用されていない恐れがあるため、お客さまがご利用のパッケージについては、脆弱性対策として、適宜、Windowsアップデートおよびyumアップデートを実行いただきますようお願いします。

下記テンプレート種別の中で現在未提供のテンプレートについては随時対応とし、提供時期については都度ご相談ください。
未提供テンプレートの場合、テンプレートの提供までお時間を要しますのであらかじめご了承ください。

※テンプレート有無は2017年3月現在の情報となります。以前提供していたテンプレートはこちらをご確認ください。

OS種別 OS起動
ボリューム(GB)
ウイルスチェック Value Premium *1,2
Windows
or Linux
バージョン モデル bit (SEP)有無 最大CPU (vCPU) 最大メモリ (GB) 最大CPU *3 (vCPU) 最大メモリ *4 (GB)
Windows
Server
2008 R2 DataCenter 64 100 あり/なし 8 32 16 58
Standard 4 4 32
Enterprise 8 8 58
2008 R2 SP1 DataCenter 64 8 32 16 58
Standard 4 4 32
Enterprise 8 8 58
2008 SP2 Standard 32 4 4 4 4
Enterprise 8 32 8 58
Standard 64 4 32 4 32
Enterprise 8 8 58
2012 DataCenter 64 8 32 16 58
Standard
2012 R2 DataCenter 64 32 16 58
Standard
2016 *6 DataCenter
Standard
RHEL *5 6.5 32 100 あり/なし 8 32
※32bitOSについては、16GBが最大
16 16
64 58
6.8 32 16
64 58
7.1 64 58
7.2 64 58
7.3  64 58
CentOS *5 6.3 32 100 なし 8 32
※32bitOSについては、16GBが最大
16 16
64 58
6.4 32 16
64 58
6.5 32 16
64 58
6.8 32 16
64 58
7.1 64 58
7.2 64 58
7.3 64 58

*1 Premiumサーバ上に作成できる仮想インスタンスのOSに認識される最大のvCPU/メモリーを表しています。
*2 オーバーコミットすることが可能です。
*3 オーバーコミットしない場合、仮想インスタンスに割り当てられるvCPU数の合計は15vCPUとなります。(12vCPUのPremiumの場合は、11vCPUとなります。)
*4 オーバーコミットしない場合、仮想インスタンスに割り当てられるメモリーサイズの合計は58GBとなります。(48GBのPremiumの場合は、42GBとなります。)
*5 テンプレートで作成したOSとインスタンスの詳細画面との表示に差異が発生する場合があります。詳細はインスタンスの詳細ページをご確認ください。
*6 Windows2016テンプレートに関しましては、現在、KCPSマネージドオプションの監視ツール『Mackerel』のプラグイン”mackerel-plugin-windows-server-sessions”(WindowsServerセッション数の監視)がご利用できません。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/06/22 2018/06/22