ウイルスチェック

KCPSウイルスチェックオプションご利用のお客様へ「Symantec Endpoint Protection」アップグレードのお願い

詳細はこちらをご参照ください。

Red Hat Enterprise Linux(以下、RHEL)にて、ウイルスチェックオプションをご利用のお客さまへ

本サービスで提供しております、Symantec Endpoint Protection(以下、SEP)のバージョンは”12.1″となります。
提供しておりますRHELのテンプレートは、当該SEPの稼働に必要となるOracle Java 8(Symantec社推奨)を組み込んでおり、消去や停止はできません。
2019年1月にOracle Java 8のサポートが終了いたします(http://www.oracle.com/technetwork/java/eol-135779-ja.html)が、SEP12.1の製品サポートはSEP12.1の製品サポート期限(2019年4月3日にバグ修正終了、2021年4月3日に延長サポート終了)まで実施させていただきます。
サポート内容につきましても従来通りですが、Oracle Java 8自体のバグおよび脆弱性などの対応を除きます。
なお、SEPの新バージョン(14.0.1 MP2)を組み込んだテンプレートの提供、およびSEPのアップグレード方法のご案内は、2018年10月頃から順次予定しておりますが、当該バージョンから、Oracle Java 8を組み込まずに動作するようになっております。
詳細は別途ナレッジサイトにてご案内させて頂きます。

 

ウイルスチェックオプションをご利用のお客さまへ

本サービスで提供しております、Symantec Endpoint Protection(以下、SEP)のバージョンは“12.1”となります。
本バージョンは2019年4月3日に製品のバグ修正が終了し、2021年4月3日に延長サポートが終了となります。
延長サポート終了後は、ウイルス定義ファイルの更新が終了し、現在のバージョン(12.1)のご利用ができなくなります。
つきましては、 SEPの新バージョン(14.0.1 MP2)を組み込んだテンプレートの提供、およびSEPのアップグレード方法のご案内を、2018年10月頃から順次予定しております。詳細は別途ナレッジサイトにてご案内させていただきます。
なお、お客さまがご利用中のSEPのバージョンは、KDDIでは確認ができません。お客さま自身にて、SEPのバージョン確認およびバージョンアップをお願いいたします。
※ご注意
SEPのバージョンアップ時は、仮想サーバーの再起動が必要となります。

 

KCPS ver1、2のウイルスチェックオプションのご利用手順

ウイルスチェックオプションのマニュアルは以下をご参照ください。

ユーザーマニュアル

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3人中2人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3人中2人がこのページは役に立ったと言っています。
2019/04/02 2019/04/02