ネットワーク

ハンズオン(拡張LB設定)

高機能かつ多機能なソフトウエア型L7/L4ロードバランサーをご提供

  • Brocade Virtual Traffic Manager

高機能かつ多機能なソフトウエア型L7/L4ロードバランサーをご提供

  • vThunder【Ver2のみ】

network1_30

【機能比較】

メニュー ソフトウエア 機能概要
帯域
(最大)
SSL
オフロード
負荷分散 セッション
維持
リソース
拡張
アクセス
ログ
GSLB WAF DDoS
防御
拡張LB60 SteelApp 60Mbps × × × × ×
拡張LB100 100Mbps
拡張LB(SSL)100 100Mbps × × ×
拡張LB(SSL)300 300Mbps
拡張LB(SSL)500 500Mbps
拡張LB(SSL)1000 1Gbps
拡張LB(SSL)300 vThunder 300Mbps
拡張LB(SSL)1000 1Gbps

機能一覧は以下をご参照ください。
・SteelApp9.9より前
別紙「マニュアル章番_メニュー機能対応表」
・SteelApp9.9
【KCPS】仮想ADC_BrocadevTM機能比較v9.9
※SteelApp Traffic Managerは、Brocade Virtual Traffic Managerに名称が変更になりました。

・vThunder ADC
http://www.a10networks.co.jp/download/files/Thunder_ADC_DS_12P_10.pdf

※SSL証明書、中間証明書はAdmin Consoleでの購入はできません。事前に営業・SEにご相談ください。

提供形態

  • ゲストOSにソフトウエア型ロードバランサー(LB)導入済のテンプレートとして提供致します。
    • サーバリソースは、主に必要なトランザクション数に応じて選定
    • メニューの選定は、主にSSLオフロードの有無や帯域に応じて選定
  • Brocadeは、各メニューキーを適用せずにご利用することも可能ですが、サポート対象外となります。
    ※作成後「Developer mode」選択時

    • 評価用に全機能ご利用可能ですが、スループット1Mbpsと100 SSL TPSの制限があります。
  • vThunderは、各メニューキーを適用せずにご利用することはできません。
    • 30日間無償(帯域:5Mbps)の評価用ライセンスがA10サイトから取得可能となります。
    • http://www.a10networks.co.jp/vthunder_trial/index.html
  • ゲストOS監視はBrocadeは構築・運用オプションがご利用できます。
  • vthunderは監視(Zabbix)エージェントインストール不可のため基本監視※のみ提供可能です。
    ※基本監視について通常のものと一部異なる部分がございます。
    詳しくは構築・運用オプションをご覧ください。

extendlb

提供条件

サポート対象プロトコル

Brocade Traffic Managerは以下条件となりプロトコルが限定されます。

  • HTTP/HTTPS/SMTP/POP3/POP3S/IMAPv4/IMAPS/LDAP/LDAPS/DNS(TCP,UDP)/FTP
    • 上記以外のプロトコルについては、サポート対象外ですがご利用いただくことは可能です。

ご利用中の提供サポート

  • 運用中のサポート対象プロトコル、対象機能利用時の不具合に対するQ&A
    • 保守運用窓口での受け付け後、内容ご確認のうえ回答は平日日勤帯(※)となります。
      ※土日祝祭日、および年末年始などの休日を除く月曜日から金曜日
    • 製品マニュアルの提供

ソフトウエアの使用に当たり

  • Brocade Traffic Managerご利用の場合、Brocade社にて掲載されている最新のMaster Terms And Conditions Of PurchaseおよびSoftware Termsを遵守いただくようお願い致します。
  • vThunderご利用の場合、A10 Networks社にて掲載されている最新のSoftware License Agreementを遵守いただくようお願い致します。
  • お客さまにてテンプレート仕様外のソフトウエア(OS含む)へバージョンアップされた場合は、サポート対象外となります。

提供メニューの期限

Brocade Traffic Managerに関しては以下条件となります。

  • 各メニューキーは1年更新となり、継続してご利用される場合は順次新しいキーをその都度ご案内しております。
    • 2014年10月より提供の各メニューキーについては、2015年11月30日までの有効期限となります。
    • 2015年9月より提供の各メニューキーについては、2016年11月30日までの有効期限となります。
    • 2016年10月より提供の各メニューキーについては、2017年11月30日までの有効期限となります。

SSLオフロード機能ご利用の際の注意点

  • お客さまにてSSL証明書購入(または自己署名)が必要となります。

vThunderご利用の際のメニューキーに関する注意点

  • スナップショットによるバックアップでのリストアなどにより仮想サーバが新しくなった際には、既存のメニューキーが無効となるためメニューキーの再発行が必要となります。
    さらに、メニューキーの再発行には新規申し込み開通納期と同日数を要します。(開通納期はこちらからご確認ください。)
  • シングル構成でリストアした際にはメニューキー再発行までvThunderがご利用できない期間が発生する恐れがありますので、冗長構成を取られることを推奨致します。

クラスタ(冗長)化などでの仮想IP利用の留意点

  • PublicFrontSegmentで仮想IP(Traffic IP)が必要となる場合は、「セカンダリIPアドレス付与」をご利用ください。


【テンプレート仕様】

テンプレート名 LB-BrocadeVTM-10.4 100GB LoadBalancer-ST9.9 100GB LB vThunder 2.7.2-P5
ソフトウェア Brocade Virtual Traffic Manager 10.4 Brocade SteelApp Traffic Manager 9.9 A10 vThunder 2.7.2-P5
ゲストOS CentOS6.5(64bit) CentOS6.5(64bit) ACOS(独自OS) ※1
ルートディスク システムストレージ100GB システムストレージ100GB システムストレージ12GB
対応仮想化基盤 KVM、VMware KVM、VMware VMware(KCPS Ver2のみ)
提供時期 2017年5月~ 2015年5月~ 2015年7月30日~
サポート期間 2019年3月29日 2018年1月5日
(テンプレートは2017年11月1日を
もって非公開予定です。※2)
2019年(予定)

※1 vThunderを(スナップショットから)テンプレート作成する際は、「Other Linux (64-bit)」を選択してください。

vThunder 2.7.2-P5に関する注意点

  • 拡張LBのインターフェースは固定でIPアドレスを設定ください。
    ※DHCPによりIPアドレスを設定された場合、拡張LBのReload/rebootでStatic Routeが消去されてしまう不具合があります。

vThunderご利用の際のメニューキーに関する注意点

  • vThunderのメニューキーに関する仕様上の理由から、vThunderご利用の際には冗長構成を取られることを推奨致します。
    詳細はこちらをご確認ください。

ネットワーク構成1

拡張LBとサーバを同一セグメントに配置

  • 構成がシンプルなため、構築が容易
  • 拡張LBを送信元IPとして、バックエンドサーバにアクセス
    • バックエンドサーバのアクセスログには、拡張LBのIPが送信元IPとして記録されるため、アクセス元IPを記録したい場合は、拡張LB側でアクセスログ取得が必要となります。
ネットワーク構成1

ネットワーク構成1

※ バックエンドサーバ:拡張LBと同一セグメント上の仮想サーバ

ネットワーク構成2

拡張LBとバックエンドサーバを異なるセグメントに配置

  • イントラ/インターネット網経由でバックエンドサーバへの直接アクセスを避けたい場合に有効
  • 拡張LBを送信元IPとして、バックエンドサーバにアクセス
    • バックエンドサーバのアクセスログには、拡張LBのIPが送信元IPとして記録されるため、アクセス元IPを記録したい場合は、拡張LB側でアクセスログ取得が必要となります。
ネットワーク構成2

ネットワーク構成2

※ バックエンドサーバ:拡張LBと異セグメント上の仮想サーバ

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/09/26 2018/09/26