• お知らせ

お知らせ 164 件

2017.03.29
ファイルサーバーの公開

本日、ファイルサーバー(FS)のページを公開いたしました。
Windowsベースのファイルサーバーをクラウドサービスとして提供、現在の管理や使い勝手は変わらず、構築初期費も無料になります。
詳細はこちらのページをご覧ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.29
マネージドオプション Professionalをリリース

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
3月29日より、「マネージドオプション Professional」の提供を開始致しましたのでお知らせ致します。
詳細は昨日掲載の「法人のお客さま向けトピックス」および「ガイドブック」をご参照ください。

 

・トピックス : http://news.kddi.com/kddi/business-topic/2017/03/2364.html

・ガイドブック: https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/option/managed/

「マネージドオプション Professional」とは、既にリリース済の監視サービス「マネージドオプション Basic」と組み合わせて利用できる運用サービスです。
OSからアプリレイヤまでの障害時対応や定常時作業を、お客さまに代わってKDDIが行うことでお客さまの運用負荷を軽減致します。

「マネージドオプション Professional」は今後もお客さまニーズに対応したメニューのリリースを順次予定しております。

 

併せて、「マネージドオプション Basic」で設定できる自動監視に「Linux Web監視」を追加しました。
KCPS Admin Console からインスタンスを作成する際に「Linux Web監視」を設定することで、インスタンス構築完了と同時にLinux Webサーバ(Apache)の監視設定が行えます。
詳細は「マニュアル」をご参照ください。

 

・マニュアル :https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/formation-2/create/kansi/webdb

 

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.28
【お知らせ】RHELサポート範囲を変更

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のサポート範囲を変更しました。

詳しくはサービスガイドブック(ゲストOSの注意事項)をご確認ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.16
API公開第4弾のおしらせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
お客さまにより使いやすくご利用いただけるよう、あらたにAPIを公開致しました。
今回の公開により、ボリュームの作成がAPIより実行可能となりました。

 

今回公開したAPI一覧

API名 説明
createVolume ボリュームの作成

 

APIご利用にあたってはこちらをご覧ください。詳細は以下の提供API一覧よりご確認ください。

 

今後もお客さまにとって安心してご利用いただけるクラウドサービスを目指して日々邁進してまいります。
引き続きKCPSをご哀願いただきますようよろしくお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.02.23
KCPS Ver2 利用管理者ポータルトップ画面 表示変更のご案内

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
 
「KDDI クラウドプラットフォームサービス Ver2」において、大規模な記憶装置であるオールフラッシュストレージを利用した「ファイルサーバー」メニューを2017年4月以降より提供開始致します。
こちらに伴い、先行して利用管理者ポータルトップ画面の表示を一部変更致しますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 
利用管理者ポータルトップ画面
 
当該表示は「ファイルサーバー」メニューをご利用されないお客さまの画面上にも表示されてしまいますが、既存のお客さまインスタンスの動作や料金請求に影響はございません。
 
【参考】
KDDI クラウドプラットフォームサービスに「ファイルサーバー」メニューを追加

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.02.06
【お知らせ】Windows2012 DataCenterでの自動監視設定が可能になりました

1/26にリリースしました「KCPS マネージドオプション」の中で一部自動監視設定できないテンプレートがありましたが、本日より自動監視設定が可能となりました。
対象テンプレート:

  • Windows2012 DataCenter
  • Windows2012 DataCenter SEP
  • Windows2012R2 DataCenter
  • Windows2012R2 DataCenter SEP

参考ページ:https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/oandm/kansi/

 

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.02.02
【お知らせ】仮想サーバの停止・再起動に関する注意事項を修正

仮想サーバの停止・再起動に関する注意事項を修正致しました。

修正対象ページ:停止再起動制約事項・TIPS

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.01.27
KCPS「マネージドオプション」の提供を開始(1/26)

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
1月26日より、KCPS「マネージドオプション」を提供開始致しましたのでお知らせ致します。
詳細は昨日掲載の「法人のお客さま向けトピックス」および「ガイドブック」「マニュアル」をご参照ください。

 

・トピックス : http://news.kddi.com/kddi/business-topic/2017/01/2269.html

・ガイドブック: https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/option/managed/

・マニュアル :  https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/oandm/kansi/

※すでにBPSP契約でMackerelをご利用のお客さまで、マネージドオプションをご利用になりたい場合はこちらをご覧ください。

※Mackerel管理画面へのリンク元が移動しています。
詳しくはこちらの「その他の操作」をご確認ください。

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.01.26
サーバースペックのメニュー拡充

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
1月26日より、KCPSで提供しているサーバスペックのメニューを拡充致しました。

今回ハイスペックな5種類をメニューに加えることにより、vCPUの最大値は8vCPU、メモリーの最大値は32GBになり、より柔軟にValueメニューを選択、ご利用いただけるようになりました。
※KCPS Ver2のみ提供

 

サーバサイズ スペック 価格
CPU メモリー
Large3 4vCPU  24GB 43,000円
XLarge1 6vCPU  16GB 40,000円
XLarge2  24GB 46,000円
XLarge3  32GB 51,000円
XXLarge1 8vCPU  24GB 51,000円

上記以外のサーバスペックに関してはこちらをご覧ください

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.01.17
「Red Hat Enterprise Linux 5」および「CentOS 5」テンプレート公開終了のお知らせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下、KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

2017年3月31日(金)に「Red Hat Enterprise Linux 5(以下、RHEL5)」および「CentOS 5」のライフサイクルが終了することに伴いまして、
同製品に関わるKCPS上のサービス内容を変更いたします。
お手数をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 
参考:Red Hat Enterprise Linuxのライフサイクル
https://access.redhat.com/ja/support/policy/updates/errata
 

サービス変更内容

KCPSにおいて、RHEL5およびCentOS 5のテンプレート公開を終了いたします。

 

テンプレートの公開終了日

当該テンプレート公開終了日:2017年3月31日(金)

 

お客様のご利用上の影響

・テンプレート公開終了後は、当該テンプレートを用いて新規に仮想サーバを作成することができなくなります。
・テンプレート公開終了後も、当該テンプレートを用いて作成された仮想サーバはご利用いただけます。
・ライフサイクル終了後は、新規セキュリティパッチの提供が終了いたしますので、当該OSの継続利用は推奨されません。
・テンプレート公開終了後もリストア等でテンプレートが必要な場合は、以下のマニュアルをご参考にマイテンプレートを事前に作成いただきますようお願いいたします。
https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/storage/template/
 
参考:提供可能テンプレート一覧
(Ver1)https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/option/template-ver1/
(Ver2)https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/option/template-ver2/
 
今後ともKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2019/01/19 2019/01/19