新機能 29 件

2018.12.04
KCPSウイルスチェックオプションご利用のお客様へ「Symantec Endpoint Protection」アップグレードのお願い

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下、KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
ウイルスチェックオプションをご利用のお客さまへ、Symantec Endpoint Protection(以下、SEP)ソフトウェアのアップグレードについてのお願いです。

ご説明内容
1.ご依頼の背景
2.対象のお客さま
3.作業実施期間
4.作業を実施しなかった場合の影響
5.作業の流れ
6.ご注意事項

 

1.ご依頼の背景

本サービスで提供しております、SEPのバージョンは”12.1″、および”14.0″(Windows Server 2016のみ)となります。
SEP12.1については、2019年4月3日にスタンダードサポートが終了となり、以降は製品のバグ修正が行われなくなります。
また、2021年4月3日に延長サポートが終了となり、延長サポート終了後は、ウイルス定義ファイルの更新が終了し、
現在のバージョン(12.1)のご利用ができなくなりますため、早急なアップグレードをお願いいたします。
また、Windows Server 2016のテンプレート(SEP14.0.0.2)をご利用のお客様につきましては、動作安定性の向上のため、
今回ご提供するバージョンへのアップグレードをお願いいたします。

つきましては、 SEPの新バージョン(14.0.1.2)へのアップグレードのご依頼およびインストーラーのダウンロードに必要なパスワードを、
ウイルスチェックオプションご利用のお客さまへ、2018年12月4日付けで、個別でメールにてご連絡しております。
お客さまが現在ご利用されているSEPのバージョンについてはKDDIにて確認ができませんので、
大変恐縮ですがお客さまにてSEP14.0.1.2の対応確認およびアップグレード作業を行っていただきますようお願いいたします。

また、お客さまのご利用環境によってご覧いただく手順書が異なります。
以下のリンクより「事前確認手順書」の内容をご確認の上、アップグレード作業のご対応をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

なお、SEPの新バージョン(14.0.1.2)を組み込んだOSテンプレートの提供時期につきましては、以下を予定しております。
・RHEL系OS・・・2018年11月30日(リリース済み)
・Windows系OS・・・2019年1月上旬

トップに戻る

 

2.対象のお客さま
ウイルスチェックありのOSテンプレートを用いて構築した仮想サーバーをご利用のお客さま

トップに戻る

 

3.作業実施期間
2018年12月4日(火)~2019年4月2日(火)

※ご注意
 Windows OSにおけるSEPのアップグレード時は、仮想サーバーの再起動が必要となります。仮想サーバーの再起動が可能な日時の実施をご検討いただきますよう、お願いいたします。

トップに戻る

 

4.作業を実施しなかった場合の影響
・SEP12.1については、2019年4月3日に製品のバグ修正が終了し、2021年4月3日に延長サポートが終了いたします。
SEP12.1の製品自体に不具合が発生しても、Symantec社は不具合の修正を実施しませんので、
お客様の仮想サーバーの安定動作のため、期限までのアップグレード作業を実施いただきますよう、お願いいたします。
・SEP12.1について、2019年4月2日までにアップグレード作業を行わなかった場合でも、
2019年4月2日以降にアップグレード作業を実施いただくことは可能です。

トップに戻る

 

5.作業の流れ
・作業の失敗等によるサーバの動作不具合、およびデータの損失に備えるために、
作業実施前に、お客様ご自身において、バックアップの取得をしていただくよう、お願いいたします。
・お客様のご利用環境によって、ご覧いただく手順書が異なります。
以下の事前確認手順書をご確認の上、該当のアップグレード手順書のダウンロードをお願いいたします。
アップグレード作業については、アップグレード手順書の内容をご確認の上、作業を実施いただきますよう、お願いいたします。

・事前確認手順書のリンク
https://kfs.kddi.ne.jp/public/4LLEQALeGklA7LEBR2hmnL13D0NXr2l3FjUj9Rym5paR

・アップグレード手順書のリンク

KCPS Ver HV OS ビット数 手順書ファイル名 ダウンロードリンク
KCPS Ver1 KVM/VMware RedHat 32/64bit SEP14アップグレード手順_A_KCPS1-RHEL.pdf リンク先
Windows 32bit SEP14アップグレード手順_B_KCPS1-Windows-32bit.pdf
64bit SEP14アップグレード手順_C_KCPS1-Windows-64bit.pdf
KCPS Ver2 VMware RedHat 32/64bit SEP14アップグレード手順_D_KCPS2-RHEL.pdf リンク先
Windows 32bit SEP14アップグレード手順_E_KCPS2-Windows-32bit.pdf
64bit SEP14アップグレード手順_F_KCPS2-Windows-64bit.pdf

トップに戻る

 

6.注意事項

・Windows OSにおけるSEPのアップグレード時は、仮想サーバーの再起動が必要となります。

・SEP14.0.1.2のサポート対象のOSは以下のとおりです。サポート対象外のOSへは適用できません。
Windows   :Windows Server 2008 (SP1、SP2、R2) (32 /64 ビット)
      Windows Server 2012/R2(2014年4月、8月更新含む)
      Windows Server 2016
Linux    :Red Hat Enterprise Linux Server (RHEL) 6.2 ~6.9 / 7.0~7.4

サポート対象OSの詳細は、Symantec社より以下のURLにて案内されておりますので、ご確認の上、ご対応をお願いいたします。

Windows  :https://support.symantec.com/ja_JP/article.INFO4765.html#SEPWin
Linux  :https://support.symantec.com/ja_JP/article.INFO4765.html#SEPLinux

なお、お客様でお使いのOSがサポート対象に該当するかについてのお問い合わせには対応いたしかねます。ご了承ください。

・アップグレード作業の失敗や、アップグレード後の仮想サーバーの動作不安定など、アップグレード作業に伴って発生した事象について、
KDDIは一切の責任を負いません。お客様の責任で、作業を実施いただきますよう、お願いいたします。
なお、作業の失敗等によるサーバの動作不具合、およびデータの損失に備えるために、
作業実施前に、お客様ご自身において、バックアップの取得をしていただくよう、お願いいたします。

・SEP 12.1とSEP 14.0.1.2の機能の差分については、以下のSymantec社の掲載内容をご確認ください。
https://support.symantec.com/content/unifiedweb/ja_JP/article.TECH239769.html

・RHELにおいて、SEPが出力する各種ログファイルの出力先、ファイル名が下記のとおり変更となります。
お客様の運用において、ログファイルの内容確認や監視等を実施されている際には、
適宜、運用サーバー等へ設定変更を実施いただきますよう、お願いいたします。

SEP12.1    : /opt/Symantec/Liveupdate/liveupdt.log
SEP14.0.1.2  : /opt/Symantec/LiveUpdate/Logs/lux.log

SEP12.1    : /var/symantec/Logs/【日付】.log
SEP14.0.1.2  : /var/symantec/sep/Logs/【日付】.log

ログに関する仕様変更の詳細について、Symantec社より文書が公開されておりますので、ご確認ください。
https://support.symantec.com/ja_JP/article.TECH229238.html

お客さまには大変お手数をお掛けしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

トップに戻る

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.11.29
【KCPSVer1/2】Red Hat Enterprise Linux(RHEL)(ウィルスチェックオプションあり)テンプレートリリースのお知らせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2018年11月30日(金)に、ウィルスチェックオプションありのテンプレートについて、Symantec Endpoint
Protectionのアップグレードを実施した、新しいテンプレートをリリースいたしますのでご案内いたします。

リリース予定のテンプレートは以下のとおりです。

KCPS Ver HV OS種別 バージョン bit OS起動ボリューム ウィルスチェック
KCPS Ver1 KVM RHEL 6.2 32 100GB あり
64 50GB
100GB
6.3 64 100GB
VMware 6.3 32 50GB
100GB
64 50GB
100GB
KCPS Ver2 VMware 6.5 32 100GB
64 100GB
6.8 32 100GB
64 100GB
6.9 32 100GB
64 100GB
7.1 64 100GB
7.2 64 100GB
7.3 64 100GB

 

メンテナンス作業中は、上記テンプレートを利用したインスタンス作成ができませんのでご注意ください。
※既存のお客さまインスタンスの動作には影響ございません。

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充などを進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.11.29
CPU脆弱性対応のためのパッチをインストールしたRed Hat Enterprise Linux(RHEL)、CentOSテンプレートリリースのお知らせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

2018年11月30日(金)より、CPU脆弱性対応のためのパッチをインストールした新しいテンプレートをリリースいたしますので、ご案内させていただきます。

 

■新テンプレート名

・KCPS ver1

<KVM>
RedHat6.9(32bit)100GB
RedHat6.9(32bit)100GB SEP
RedHat6.9(64bit)100GB
RedHat6.9(64bit)100GB SEP
CentOS6.9(32bit)100GB
CentOS6.9(64bit)100GB

<VMware>
RedHat6.9(32bit)100GB-v
RedHat6.9(32bit)100GB SEP-v
RedHat6.9(64bit)100GB-v
RedHat6.9(64bit)100GB SEP-v
CentOS6.9(32bit)100GB-v
CentOS6.9(64bit)100GB-v

 

・KCPS ver2

<VMware>
RedHat7.4(64bit)100GB SEP

 

※KCPS ver2は上記テンプレート以外にも、2018年7月31日(火)より新テンプレートのご提供を開始しております。
詳細はこちらをご参照ください。

 

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充などを進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.10.19
【KCPS Ver2】東・西日本サイト 新ゾーン追加(jp2-east05/jp2-west05)のご案内

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下「KCPS」)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、KCPS Ver2において、お客さまの増加に伴い新ゾーンを追加することとなりましたのでご案内申し上げます。
2018年10月30日のリリースを予定しております。

<KCPS Ver2で現在提供中のゾーン>
東日本サイト:jp2-east01/jp2-east02/jp2-east03/jp2-east04/jp2-east05(※)
西日本サイト:jp2-west01/jp2-west05(※)
※jp2-east05/jp2-west05が今回追加されるゾーンとなります。

KCPSの提供ゾーン詳細は以下にてご確認ください。
提供バージョン・サイト・ゾーンについて

なお、KCPS 各ゾーンのリソース状況は以下ページにて公開いたしますので、随時ご確認をお願い致します。
サーバ・リソース確認
※近日公開予定

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.09.28
拡張ロードバランサー「Pulse Secure Virtual Traffic Manager」の18.2バージョンアップテンプレートをリリース

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2018年10月27日より、KCPSオプションメニューである拡張ロードバランサー「Pulse Secure Virtual Traffic Manager

(※旧Brocade Virtual Traffic Manager)」 の18.2バージョンアップテンプレート(KCPS ver2)をリリースいたしますので、

ご案内させていただきます。
 

<新規テンプレート>
新テンプレート名:LB-PulseSecureVTM-18.2 100GB
旧テンプレート名:LoadBalancer-ST9.9 100GB、LB-BrocadeVTM-10.4 100GB

※「LB-BrocadeVTM-10.4 100G」は2018年10月1日をもって、「LB-PulseSecureVTM-10.4 100GB」に名称を変更いたしました。

 

テンプレート名 LB-PulseSecureVTM-18.2 100GB

LB-PulseSecureVTM-10.4 100GB

(旧LB-BrocadeVTM-10.4 100GB)

LoadBalancer-ST9.9 100GB
ソフトウェア Pulse Secure Virtual Traffic Manager 18.2 Pulse Secure Virtual Traffic Manager 10.4 Pulse Secure Virtual Traffic Manager 9.9
ゲストOS CentOS 7.4(64bit) KCPS ver1 KVM CentOS 6.4(64bit)
KCPS ver1/2 Vmware CentOS 6.5(64bit)
KCPS ver1 KVM CentOS 6.4(64bit)
KCPS ver1/2 Vmware CentOS 6.5(64bit)
ルートディスク システムストレージ100GB システムストレージ100GB システムストレージ100GB
対応仮想化基盤 KVM、VMware KVM、VMware KVM、VMware
提供時期 KCPS Ver2 2018年10月27日~
KCPS Ver1 2019年3月~(調整中)
2017年5月~ 2015年5月~
サポート期間 2021年8月1日 2019年3月29日
※テンプレートは2019年3月29日を
もって非公開予定
2018年1月5日
※テンプレートは2018年10月1日を
もって非公開

 

詳細は以下をご参照下さい。
https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/network/lb/elb/

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.09.28
【重要なお願い】 KDDIクラウドプラットフォームサービス 拡張ロードバランサー Pulse Secure Virtual Traffic Managerの「ライセンス更新」および「バージョンアップ」について

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下、KCPS)に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

KCPSオプションメニューである拡張ロードバランサー(以下、拡張LB)」「Pulse Secure Virtual Traffic Manager(※旧Brocade Virtual Traffic Manager)」 ご利用のお客様について、年間ライセンスの更新期限を迎えるため、当該ライセンスの「①ライセンス更新」および「②バージョンアップ」の作業を実施いただく必要がございます。

※Pulse Secure社がBrocade社を買収したことに伴い、製品名がPulse Secure Virtual Traffic Managerに変更しました。

お客様にはお手数をお掛けし大変恐縮ですが、以下を参照し作業を実施いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

 

■概要

①ライセンス更新作業

ご利用いただいているライセンスにつきまして、2018年11月30日までに更新いただくことで、お客様ご利用の拡張LB本来の帯域を継続的にご利用いただけます。
下記に記載いたします作業詳細をご確認いただき、新しいライセンスへと更新いただきますようお願いいたします。

②バージョンアップ作業

新しくリリースするver18.2未満のバージョンは、2019年3月29日でサポートが終了となります。

下記に記載いたします作業詳細をご確認いただき、新しいバージョンに更新いただきますようお願いいたします。

 

■作業実施期限

①ライセンス更新作業 : 2018年11月30日まで

②バージョンアップ作業 : 2019年3月29日まで

 

■作業を実施しなかった場合の影響

①ライセンス更新作業が実施されなかった場合、通信帯域が1Mbpsに制限されます。
※2018年10月1日以降に拡張LBテンプレートを新規ご利用のお客様につきましては対象外となります。

②バージョンアップ作業を実施しなかった場合、不具合発生時にサポートができなくなります。

(新しくリリースするver18.2未満のバージョンは、2019年3月29日でサポートが終了するため)
※A10 vThunderの拡張LBをご利用のお客様は対象外となります。

 

推奨作業順序

①ライセンス更新 ⇒ ②バージョンアップ作業

注※

②バージョンアップ作業 ⇒ ①ライセンス更新 ⇒ ③バージョンアップ切戻しを実施した場合、ライセンスは古い情報に切戻ってしまいます。

推奨作業順序でバージョンアップ後にバージョン切り戻しを実施した場合は、更新したライセンスのままとなります。

 

■「①ライセンス更新」作業 詳細

・対象者

拡張LB「Pulse Secure Virtual Traffic Manager(旧Brocade Virtual Traffic Manager)」をご契約されている全てのお客様

※ライセンス更新作業に伴うサービス影響はありません。

①手順書

こちらよりダウンロードください。

②ライセンスファイル

KDDIより、個別にメールにて送付いたします。

 

■「②バージョンアップ」作業詳細

・対象者

拡張LB「Pulse Secure Virtual Traffic Manager(旧Brocade Virtual Traffic Manager)」でご利用中のバージョンが9.9、10.4のお客様

注※

[1] お客様事情により、バージョンアップを希望されない場合、ライセンス更新のみを行っていただくことも可能です。

[2] 上記、作業実施期限内に作業を実施されない場合、サポートが終了する為、サポートを受けることができなくなります。

①手順書

お客様のご利用構成により手順が異なりますので、事前に構成をご確認のうえ、以下の手順をご参照ください。

シングル構成の場合はこちらよりダウンロードください。

冗長構成の場合はこちらよりダウンロードください。

②バージョンアップファイル

こちらよりダウンロードください。

③作業実施時の注意事項

1.冗長(クラスタ)構成でご利用のお客さま

影響A 5秒程度の通信断が発生します。プロセスが再起動され、セッション情報がクリアされます。お客さまシステムによっては、再ログインなどが必要になります。
影響B 5秒程度の通信断が発生します。セッション情報は保持されます。
※お客さまシステムの稼働状況(負荷状況)によっては、5秒以上の通信断が発生します。

2.シングル構成でご利用のお客さま

影響 5秒程度の通信断が発生します。プロセスが再起動され、セッション情報がクリアされます。
お客さまシステムによっては、再ログインなどが必要になります。
※お客さまシステムの稼働状況(負荷状況)によっては、5秒以上の通信断が発生します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.07.31
【KCPS ver2】Red Hat Enterprise Linux(RHEL)、CentOSテンプレートリリースのお知らせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2018年7月31日(火)より、脆弱性対応のためのパッチをインストールした新しいテンプレートをリリースいたしましたので ご案内させていただきます。

 

・新テンプレート名:

Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 6.9 (32bit)
Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 6.9 (32bit) SEP
Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 6.9 (64bit)
Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 6.9 (64bit) SEP
Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 7.4 (64bit)
CentOS6.9 (32bit)
CentOS6.9 (64bit)
CentOS7.4 (64bit)

 

※KCPS ver2のみとなります。KCPS ver1は第4報でご案内しているメンテナンス作業終了後のご提供を予定しております。

 

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充などを進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.03.23
作成済みインスタンス(仮想サーバ)への監視設定自動化について

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

ご好評いただいているインスタンス監視サービス「マネージドオプションBasic」を、より簡単に導入いただける機能が追加されましたのでお知らせいたします。

 

これまで、作成済みのインスタンス(仮想サーバ)に対して監視サービス「マネージドオプションBasic」を導入するには、お客さまにて複数の手順を実施いただいておりましたが、2018年3月22日より「作成済みインスタンスに監視を追加する」機能を提供開始します。

本機能をご利用いただくことで、作成済みのインスタンスにKDDI推奨監視「OS基本監視」の設定を自動で導入することができます。

 

コンソール画面にログインし、上部メニューから「KCPS Managed」を選択いただいた後、左メニュー「監視対象の追加」から本機能をご利用いただけます。ご利用中のインスタンス一覧が表示されますので、監視を始めたいインスタンスの「追加」ボタンを押下し、画面に従って必要事項をご入力ください。

詳しいご利用方法は「作成済みインスタンスに監視を追加する」をご確認ください。

 

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.11.06
【KCPS ver1】新機能追加のお知らせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度KCPS ver1において、機能の追加を行いましたのでご案内させていただきます。

 

○:操作可能(各機能の詳細はリンク先をご参照ください)
×:操作不可

機能 KCPS ver1
従来 2017/11/6~
ダッシュボード ×
イベント ×
仮想サーバ作成時のパスワード表示 ×
VMスナップショット ×
セカンダリIPアドレス付与 ×
NIC追加・削除 ×
仮想サーバへの管理タグ付与 ×
ディスクへの管理タグ付与 ×
ディスクの拡張 ×

また、新たな対応ブラウザとしてInternet Explorer 11、Firefox 52が加わりました。

 

今後もお客さまにとって安心してご利用いただけるクラウドサービスを目指して日々邁進してまいります。
引き続き、弊社サービスの変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.10.19
KCPSオブジェクトストレージ仕様改善のお知らせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

お客さまにより使いやすくご利用いただけるよう、KCPSオブジェクトストレージの帯域制限の大幅拡張、及び同時接続数の拡大をいたしましたのでご案内させていただきます。

 

  1. 帯域制限の拡張
    ・従来 …100Mbps/契約(ベストエフォート)
    ・変更後…1Gbps/契約(ベストエフォート)
  2. 同時接続数の拡大
    ・従来 …最大 100コネクション/契約
    ・変更後…最大 300コネクション/契約

 

今後もお客さまにとって安心してご利用いただけるクラウドサービスを目指して日々邁進してまいります。
引き続き、弊社サービスの変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/12/11 2018/12/11