• よくあるご質問

よくあるご質問 339 件

2014.08.04
【Brocade】パスワードポリシーの設定方法を教えてください

【質問】


Brocadeのパスワードポリシーの設定方法を教えてください

 

【回答】


以下の手順で可能です。

 

●手順
1. System -> Users -> Local Usersと遷移します。
2. Password Policyセクションで、”Password Security Settings”をクリックします。
3. password_securityパラメータを選択します。
– No restrictions(制限はありません。)
– Default restrictions(下記の制限があります。)
※パスワード長が8文字以上であること。
2文字以上のアルファベットを含むこと。
1文字以上のアルファベット大文字を含むこと。
1文字以上の数字を含むこと。
1文字以上の非英数字文字を含むこと。
文字が繰り返されている箇所がないこと。(例えば’aaaaa’など)
– Custom restrictions …(パスワード長などがカスタマイズできます。)

4. 必要に応じて下記のパラメータを設定した上で、Updateボタンをクリックします。
password_reuse_after: 同じパスワードを利用できるまでに最低何回パスワード変更すべきか(デフォルト:無制限)
password_changes_per_day: 24時間で何回パスワードが変更できるか(デフォルト:無制限)

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】クライアントのIPアドレスをX-Forwarded-Forヘッダに格納する方法を教えてほしい

【質問】


クライアントのIPアドレスをX-Forwarded-Forヘッダに格納する方法を教えてほしい。

 

【回答】


Brocadeではデフォルトで”X-Cluster-Client-Ip”というヘッダをリクエストに追加することで、クライアントIPアドレスを負荷分散対象サーバへ送信します。
負荷分散対象サーバの制約で、”X-Forwarded-For”を設定する必要がある場合には、下記の手順でルール設定をしてください。

 

●手順
1. Catalog -> Rule Builderと遷移し、任意のルール名でルールを作成します。
2. 下記のActionを設定し、Updateボタンをクリックします。(Conditionは設定しません。)
-Set Header: Header
Name: X-Forwarded-For
New Value: %REMOTE_IP%

3. Services -> Virtual Servers -> “仮想サーバ名” -> “Rules”と遷移し、1で作成したルール名を”Request Rules”セクションの”Add rule”プルダウンから選択します。
4.”Add Rule”ボタンをクリックし、ルールを追加します。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】ハートビートパケットをMulticastからUnicastへ変更する方法を教えてください

【質問】


BrocadeのハートビートパケットをMulticastからUnicastへ変更する方法を教えてください。

 

【回答】


Brocadeではクラスタ間の死活監視のためにハートビートパケットをすべてのインターフェースから送信しています。
デフォルトではハートビートをMulticastで送信します。
ハートビートパケットの設定は、管理GUI上で下記手順を実施いただくことで、設定変更が可能です。

 

●手順
1. System -> Global Settingsと遷移し、Traffic Manager Fault Toleranceセクションを展開します。
2. flipper!heartbeat_methodパラメータを”Unicast UDP communication”に変更し、ページ下部のUpdateボタンをクリックします

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】イベントログをsyslogサーバへ送信する方法を教えてください

【質問】


Brocadeのイベントログをsyslogサーバへ送信する方法を教えてください。

 

【回答】


Brocadeではイベントログをデフォルトでローカルのサーバに保存します。
管理GUI上で下記手順を実施いただくことで、syslogサーバに設定を送信することが可能です。
●手順
1. System -> Alertingと遷移します。
2. select actionドロップダウンメニューで、”Syslog”を選択し、Updateボタンをクリックします。
3. Syslogをクリックし、設定画面に遷移します。
4. sysloghostパラメータを設定し、Updateボタンをクリックします。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】Ruleの適用順序について教えてください

【質問】


Ruleの適用順序について教えてください。

【回答】


Ruleの適用順はServices -> Virtual Servers -> “仮想サーバ” -> Rulesと遷移し、ルール名の左端をドラッグアンドドロップすることによって変更することが可能です。

Ruleの適用は上から順に適用されます。
Brocadeでは複数のルールを適用することが可能です。

なお、下記のActionが実行された時点で、それ以降のルールが適用されることはありません。
– Drop Connections
– HTTP redirect
– Change HTTP site
– Choose Pool

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】仮想サーバがListenするIPアドレスを指定したい

【質問】


仮想サーバがListenするIPアドレスを指定したい。

 

【回答】


仮想サーバがListenするIPアドレスは下記の方法で指定することが可能です。

 

●手順
1. (GUI上で)Services -> Virtual Servers -> “仮想サーバ名”と遷移します。
2. Basic Settingsの”Listening on”設定で下記の3つから選択します。

All IP addresses Brocadeに付与されたすべてのIPアドレスでListenします。
Traffic IP Groups … サービス用に作成したIPアドレスでListenします。一般的によく使われます。
Domain names and IP addresses … 特定のドメイン、IPアドレスをListenします。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】仮想サーバのtimeout設定について教えて下さい

【質問】


仮想サーバのtimeout設定について教えてください。

 

【回答】


仮想サーバでのtimeout設定は下記のパラメータによってカスタマイズすることが可能です。

 

●手順
1. (GUI上で)Services -> Virtual Servers -> “仮想サーバ名” -> Connection Managementと遷移します。
2. Timeout Settingsセクションに下記の設定がございますので、それらを変更することによりカスタマイズすることが可能です。

connect_timeout コネクションが確立してからデータを受信するまでのタイムアウト値。(0の場合は無制限)
keepalive_timeout データが受信されない状態がこの値だけ続くとコネクション切断する。(0の場合は無制限)
timeout データが受信されない状態がこの値だけ続くとコネクション切断する。(0の場合は無制限)

 

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】仮想サーバのkeepalive設定について教えてください

【質問】


仮想サーバのkeepalive設定について教えてください。

 

【回答】


仮想サーバでのkeepalive設定は下記のパラメータによって有効化/無効化することが可能です。

 

●手順
1. (GUI上で)Services -> Virtual Servers -> “仮想サーバ名” -> Connection Managementと遷移します。
2. HTTP-Specific Settingsセクションのkeepalive設定を変更することによってKeepaliveの有効化/無効化を設定することが可能です。(デフォルトは有効(yes))

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】Linuxでの基本的なチューニングについて教えてください

【質問】


Linuxでの基本的なチューニングについて教えてください。

【回答】


Linuxマシンでの基本的なチューニングは下記のサイトの内容を基に行ってください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】設定のバックアップ方法について教えてください

【質問】


設定のバックアップ方法について教えてください。

 

【回答】


設定のバックアップの取得はGUI、CLIから行うことが可能です。

 

●手順
・GUIからのバックアップ
1. System -> Backupsと遷移します。
2. “Create a Backup”セクションのNameフィールドに任意の名前を入力し、Saveボタンをクリックします。

・CLIからのバックアップ
1. OSのコマンドプロンプト上で、下記コマンドを実行します。
$Brocade Traffic ManagerHOME/zxtm/conf/zconf export –file <ファイル名>.tar

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2019/01/19 2019/01/19