• よくあるご質問

よくあるご質問 339 件

2015.04.16
トップページからログアウトをクリックするだけでは、ログアウトされませんでした。ログアウトするにはどうすればよいですか?

【質問】


KDDI Cloud Platform ServiceのトップページからログアウトをクリックしてOKボタンをクリックするだけでは、ログアウトされないようです。
ログアウトするにはどうすればよいですか?

 

【回答】


OKボタンをクリックした後、KDDI ビジネスオンラインサポートの画面(KDDI Business Portal)へ遷移します。
KDDI ビジネスオンラインサポートの画面上の「Logout」ボタンをクリックして、「OK」をクリックしてください。

トップページからログアウトをクリックするだけでは、ログアウトされませんでした。ログアウトするにはどうすればよいですか?

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.04.16
KDDI ビジネスオンラインサポートでログアウトした後の画面で再度ログインしました。KCPSの画面はどうやって表示できますか?

【質問】


KDDI ビジネスオンラインサポートでログアウトした後の画面で再度ログインしました。KDDI Cloud Platform(以降KCPS)の画面はどうやって表示できますか?

 

【回答】


KDDI ビジネスオンラインサポートの画面では、登録しているサービス一覧が表示されます。
「KDDI Cloud Platform Service」のアイコンをクリックしてください。

KDDI ビジネスオンラインサポートでログアウトした後の画面で再度ログインしました。KCPSの画面はどうやって表示できますか?

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.04.16
KDDI ビジネスオンラインサポートでID追加後、追加したIDでログインできない

【質問】


KDDI ビジネスオンラインサポートでID追加後、追加したIDでログインできない。

 

【回答】


以下の理由が考えられます。

・追加したIDにKCPSのサービス紐付けが実施されていない
・サービス紐付け完了後、5分以上経過していない
・KDDI ビジネスオンラインサポートのセキュリティ設定(多要素認証・IPアドレス制限・ブラウザ制限)で規制されている

詳細は、以下参考情報をご参照ください。

 

●参考情報
IDの追加

セキュリティ設定

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.04.16
KDDI ビジネスオンラインサポートでID追加後、追加したIDでMackerelにログインできない

【質問】


KDDI ビジネスオンラインサポートでID追加後、追加したIDでMackerelにログインできない。

 

【回答】


KDDI ビジネスオンラインサポートでID追加後、追加したユーザーへ、Mackerel画面から招待メールを送付する必要があります。
このとき、招待メールには、KDDI ビジネスオンラインサポートで設定したメールアドレスを指定してください。

詳細は、以下参考情報をご参照ください。

●参考情報
IDの追加(招待メールの送付)

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.11.19
マイテンプレートから連続して仮想サーバを作成することができない

【質問】


マイテンプレートから連続して仮想サーバを作成することができない。

 

【回答】


マイテンプレートから仮想サーバを作成する場合、連続して作成することができない事があります。
仮想サーバの作成が完了してから、もう一度作成を試みてください。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.11.19
「cloudservice.exe」プロセスがCPU使用率を圧迫している

【質問】


「cloudservice.exe」プロセスがCPU使用率を圧迫している。

 

【回答】


KCPSのAdmin Consoleからパスワードをリセットするためのプログラム「cloudservice.exe」が原因で、CPU使用率を圧迫する可能性があります。

当該事象が発生した場合、以下の手順でプログラムを停止してください。
※プログラム停止中は、KCPS Admin Consoleからパスワードのリセットができなくなります。

 

●手順

【WindowsOSの場合】

「Cloud.com VM Instance Manager」というサービスを無効にしてください。

1.「スタート」 – 「管理ツール」 – 「サービス」 を開く
2.「Cloud.com VM Instance Manager」サービスをダブルクリックで開く
3.「スタートアップの種類」を「無効」に変更し、「適用」を押す

【LinuxOSの場合】

LinuxOSでは本事象は確認されておりませんが、WindowsOSと同様に本サービスを停止することが可能です。

chkconfigコマンドでcloud-set-guest-passwordの起動設定をOFFにしてください。
# chkconfig cloud-set-guest-password off

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.09.11
SAVFL(Symantec Anti Virus for Linux)の初回起動時に定義ファイル更新(LiveUpdate)が失敗する

【質問】


SAVFL(Symantec Anti Virus for Linux)の初回起動時に定義ファイル更新(LiveUpdate)が失敗してしまいます。

 

【回答】


フルサイズのウイルス定義ファイルをダウンロードする際に、お客さま仮想サーバ側のキャッシュが不足していることに起因した問題です。
●対処方法
キャッシュフォルダの最大サイズを変更することで対処が可能です。
以下手順をご確認ください。

●手順
設定ファイルの置き換え作業

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】自動フェイルバックを抑制する方法を教えてください

【質問】


Brocadeの自動フェイルバックを抑制する方法を教えてください。

 

【回答】


管理GUI上で下記手順を実施いただくことで、フェイルバック処理が自動的に行われない様に設定変更が可能です。
●手順
1.System -> Global Settingsと遷移し、Traffic Manager Fault Toleranceセクションを展開します。
2.flipper!autofailbackパラメータを”No”に変更し、ページ下部のUpdateボタンをクリックします
●参考情報
Brocadeは障害時にクラスタ間でTraffic IPアドレス(サービス用IP)を正常に動作しているマシンでホストすることでサービスの継続性を維持します。
マシンが障害から復旧した際にはデフォルトで自動的にIPアドレスが元のマシンにもどるフェイルバック処理が行われます。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】Cluster:Warningが表示され、ログに「Failed to resolve hostname 'ホスト名' : Name or service not known」が出力されている

【質問】


イベントログに「Failed to resolve hostname ‘ホスト名’ : Name or service not known」が表示される。
GUI上では、Cluster:Warningが表示されている。

 

【回答】


このメッセージは、BrocadeTraffic Managerのホスト名がDNSまたはローカルホストファイル上に定義されていない場合に表示されます。
これを回避するには、Brocade Traffic Managerサーバーが参照するDNSにホスト名を登録するか、下記の手順を実行してください。

●手順
1. オペレーティングシステムにログインします。
2. /etc/hostsファイルにホスト名とIPアドレスを追加します。
3. 管理GUIにログインします。
4. Diagnose -> Cluster Diagnosis に遷移し、Configuration: Other を開きます。
5. [Refresh the configuration of all traffic managers in the cluster.]を押下します。
6. Cluster:Warning が解消されることを確認します。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】ソーリーページのカスタマイズ方法を教えてください

【質問】


Brocadeのソーリーページのカスタマイズ方法を教えてください。

 

【回答】


ページのカスタマイズは下記の手順で実現できます。

●手順
1. Catalogs -> Extra Files -> Miscellaneous Filesと遷移します。
2. Upload Fileセクションでファイルを選択し、Uploadボタンをクリックしてソーリーページをアップロードします。
3. Services -> Virtual Servers -> “仮想サーバ名” -> Connection Managementと遷移します。
4. Connection Error Settingsセクションの”error_file”設定で2でアップロードしたファイルを設定し、ページ下部のUpdateボタンをクリックします。

●参考情報
リクエストの振り分け先poolのすべてのサーバが停止した場合には、failureプールに属するサーバにリクエストが送信されます。
failureプールに属するサーバをソーリーサーバとして利用することができます。
Failureプールが設定されていない場合は、デフォルトで下記の文言のソーリーページが出力されます。
######
Service Unavailable
The service is temporarily unavailable. Please try again later.
######

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2019/03/20 2019/03/20