• よくあるご質問

よくあるご質問 339 件

2016.02.09
VMwareToolsの更新をしようとしたところ、Toolsのアップデートエラーと表示される

【質問】


Windows Server OSのデスクトップ右下に「VMware Tools を更新できます。」というポップアップが表示され、
更新を行った所「Toolsのアップデートエラー」が発生と表示される。

 

【回答】


VMwareToolsはお客様側で更新出来るようになっておりません。
更新のポップアップが表示されても、更新を行わず、×で画面を閉じてください。

●対処方法
アップデートは行わず、×で閉じてください。
VMwareToolsの更新操作は、以下参考情報に記載の禁止操作にあたります。
更新を行ってしまうと正常に仮想サーバの操作が出来なくなってしまう恐れがございますので、更新を実施しないようお願い致します。

●参考情報
VMware Tools の更新操作の禁止

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.01.29
仮想サーバ名・ホスト名の変更方法を教えてください

【質問】


仮想サーバ名・ホスト名の変更を行いたいので変更方法を教えてください。

 

【回答】


仮想サーバ名の変更はできません。
OS内でのホスト名の変更は可能です。
その場合、仮想サーバ名とホスト名に差異が発生しますが、動作上は問題ありません。
(Windows Server OSの標準テンプレートをご利用の場合、仮想サーバ名とホスト名は異なります)

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.01.29
「スナップショット取得中」と表示され、仮想サーバが停止/起動できない

【質問】


「スナップショット取得中」と表示され、仮想サーバが停止/起動できない。

【回答】


スナップショット取得中は、Admin Consoleから仮想サーバの停止/起動はできない仕様となっております。
このため、スナップショットが完了した後、仮想サーバの停止/起動を行ってください。

スナップショット取得完了時間の目安は100GB当たり約3時間となります。
なお、スナップショットの概要については、下記マニュアルもご参照ください。
スナップショット取得中にOSハングアップなどの事象が発生し、 仮想サーバの停止/起動操作が必要な場合でも、スナップショット対象のボリュームが破損する可能性があるため、
スナップショットの完了をお待ちください。

 

●参考情報
バックアップ、リストア

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.01.25
仮想サーバのテンプレートのダウンロード方法を教えてください

【質問】


仮想サーバのテンプレートのダウンロード方法を教えてください。

 

【回答】


テンプレートを含め、ディスク、スナップショットなどすべてのデータのダウンロードができないようになっています。

KDDIが標準テンプレートとして提供する、MicroSoftやRedHat社のOSライセンスは、KDDIクラウドプラットフォームサービス上でのみ稼働することを許可されているため、
OSを含む可能性があるファイルのダウンロード機能を提供することができません。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.01.20
Admin Consoleの操作履歴の保持期間を教えてください

【質問】


Admin Consoleの操作履歴の保持期間を教えてください。

 

【回答】


Ver1は15日間、Ver2は92日間、イベント画面に表示されます。
イベント画面についてはこちらをご参照ください:https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/service/function-list/login/event_ver2/

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.01.08
「Failed to remove nic from VM」と表示され、PublicFrontSegmentのNICが削除できない

【質問】


Admin ConsoleよりNIC削除を実施すると、以下エラーが表示され、削除ができません

Job failed due to exception Failed to remove nic from VM[User| *-***-***-VM] in Ntwk[****|Guest|**], nic has associated Port forwarding or Load balancer or Static NAT rules.

【回答】


削除したいネットワークで下記設定がされている場合はNICの削除が行なえません。

【設定内容】
・ポート転送
・負荷分散
・静的NAT

●対処方法

  1. 上記設定を設定を削除した後、再度NICの削除を実施してください。
  2. 上記1にて改善しない場合は、以下4点の条件に合致しているか否かをご確認ください。
    ①PublicFrontSegmentのNICである
    ②削除実行時、エラー文言が出力される
    ③削除対象NICにはポートフォワーディングの設定が入っていない
    ④NICの追加によってあとから追加されたNICである。
  3. 上記2に合致している場合は以下の情報をご確認ください。・KCPS契約番号:
    ・仮想サーバ名:
    ・発生日時  :
    ・発生事象  :
    ・参照したナレッジ情報:
    ・切り分け結果:
    ・削除できないNIC情報
    a.ネットワーク種別(PublicFrontSegment/IntraFrontSegment/モニタリングセグメントなど)
    b.削除できないIPアドレス
    c.デフォルトNICを削除しようとしていないか

上記3でネットワーク種別がデフォルトNIC以外のPublicFrontSegmentであった場合、既知の不具合により削除できない状況が想定されます。
弊社にて暫定対応を実施する必要がございます。
暫定対応における対応の流れと、影響は以下の通りとなります。

●参考情報

  1. 既知の不具合に該当するか確認を実施致します。
  2. 不具合に該当していた場合、弊社設備で該当のNICを削除できるように作業を致します。
    <影響>
    本暫定対応においてPublicFrontSegment向けの仮想ルータの再起動を伴います。
    この間、ご契約のPublicFrontSegment向けの通信がある仮想サーバすべてで
    3分程度インターネット向けの通信に影響がございます。
    ※実施日程については確認が取れ次第、別途調整させていただきます。
  3. 上記作業完了後、ご連絡致しますので、該当の仮想サーバにて下記手順を実施し、NICを削除していただけますようお願い致します。
    (1)Admin Consoleより該当仮想サーバの停止
    (2)Admin Consoleより該当仮想サーバの起動
    (3)Admin Consoleより該当仮想サーバの停止
    (4)Admin Consoleより対象NICの削除
    ※大変恐縮ではございますが、事象再発の可能性がございますので暫定対応完了後なるべく早めにご対応いただくようお願い致します。

 

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.12.28
Windows仮想サーバを起動すると、OSを読み込む前にブルースクリーンになる

 

【質問】


KVMホストサーバ上のWindows仮想サーバを起動すると、OSを読み込む前にブルースクリーンになるようになった。
Admin Consoleからの停止、起動を行っても改善しない。

 

【回答】


ブルースクリーン発生はWindows Server OSの不正コピー防止機構の動作仕様により、Windows起動時のハードウエアの初期認識に失敗した事に起因する事象である可能性がございます。
この事象に該当する場合、仮想基盤側の問題では無くWindowsの仕様の問題であり、かつ、不正コピー防止機構についてはMicrosoft社の機密となるため、対処策がありません。
復旧方法に関しましては、以下対処方法をご確認ください。
この仕様に対するワークアラウンドとして別ホストに一度移すことで再度初期認識を行うことができ初期認識が成功することにより、Windows仮想サーバが起動可能になる事例がございます。

 

●対処方法
①Admin Consoleより停止・起動を実施されていない場合は、一度お客さまにてお試しください。
②上記①にて復旧しない場合、以下情報を確認の上、故障窓口までお問い合わせください。
・KCPS契約番号:
・仮想サーバ名:
・発生日時  :
・発生事象  :
・エラー画面 :(画面ショットを取得ください。)
・参照したナレッジ情報:
・切り分け結果:

 

●参考情報
故障窓口へ連絡いただいた以降の流れは以下の通りです。

1.弊社にて別ホスト(待機系)へライブマイグレーション技術にて収容物理サーバの変更を行います。
その際最大15秒程度の通信断が発生致します。

2.別ホスト(待機系)にて対象仮想サーバの停止・起動を実施致します。

3.停止・起動後、現用系ホストへライブマイグレーション技術にて収容物理サーバの変更を行います。
その際最大15秒程度の通信断が発生致します。

4.作業目安として1時間程度を想定しております。

(注意事項)

・作業実施中のお客さまでのAdmin Consoleでの操作をお控えください。
・コンソール接続などをされている場合は、閉じてください。
・対象仮想サーバにISOファイルがアタッチされている場合はマイグレーションが行えませんので、デタッチいただくようお願い致します。
・ブルースクリーンのエラーコードにより、上記対応でも復旧しない場合もございます。
・弊社基盤側の正常性確認にて異常がない場合、ゲストOSはお客さま運用範囲となりますので、
お客さまでの対処検討をお願い致します。(MSのエラーコード別の対処方法やバックアップ、スナップショットからのリストアなど)

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.12.03
.NET Framework 3.5のインストール方法を教えてほしい

【質問】


Windows Server 2012 / Windows Server 2012R2 において、.NET Framework 3.5をインストールする方法を知りたい。

 

【回答】


対象の仮想サーバに対し、OSに対応したisoをアタッチすることでインストールが可能です。

・対象iso
Windows Server 2012の場合  → 「KDDI_Win2012.iso」
Windows Server 2012R2の場合 → 「KDDI_Win2012R2.iso」

●手順
ISOのアタッチに関しては、以下の手順をご参照ください。

ISOのアタッチ・デタッチ

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.11.27
作成した仮想サーバ名と異なる仮想サーバ名がコンソール画面上に表示される

【質問】


作成した仮想サーバ名と異なる仮想サーバ名がコンソール画面上に表示される。

 

【回答】


コンソール接続を行った際に、下図のように「*****-M9999△△△△」と作成した仮想サーバ名と異なったホスト名が表示される事がございます。
この場合は仮想サーバ作成が正常に完了しておりませんので、故障窓口までご連絡ください。

[画面表示例]

 

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.11.16
仮想サーバ作成時にマイテンプレートが表示されない

【質問】


KVMで作成したテンプレートがVMwareの仮想サーバ作成時に表示されない。
VMwareで作成したテンプレートがKVMの仮想サーバ作成時に表示されない。

 

【回答】


仕様です。

仮想サーバ作成時に選択できるテンプレートは現在のハイパーバイザーで使用できる物になります。
VMwareで作成したテンプレートはVMware上での仮想サーバ作成時にのみ選択することが可能です。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2019/01/19 2019/01/19