Admin Console 37 件

2018.07.11
Admin ConsoleへログインするためのIDとパスワードを忘れてしまった

【質問】


KCPS2を利用しているが、Admin ConsoleへログインするためのIDとパスワードを忘れてしまった。

 

【回答】


申し込み時に電子メールで送付されてくる開通通知書にIDが記載されています。
開通通知書を紛失された場合、再発行が必要となりますのでお手数ですが担当営業へご相談ください。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.25
Cloud Berry Backupの利用方法について問い合わせたい

【質問】


Cloud Berry Backupの利用方法について問い合わせたい。

 

【回答】


簡易利用手引きについては、以下参考情報をご参照ください。
また、その他サポートについては、サポート要領書に従いお問い合わせください。

●参考情報
各種ツールのご紹介

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.25
【Mackerel】Windows Serverのパーティションごとの容量監視は実施可能か

【質問】


Mackerelの監視で、Windows Serverのパーティションごとの容量監視は実施可能か。

 

【回答】


Mackerelでは、2018年4月時点ではWindows Serverのパーティションごとの容量監視には対応しておりません。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.14
Admin Consoleから仮想サーバを停止したが、「構築・運用オプション」のアラーム検知連絡がこない

【質問】


Admin Consoleから仮想サーバを停止したが、「構築・運用オプション」のアラーム検知連絡がこない。

 

【回答】


Admin Consoleから仮想サーバの停止を行った場合、
お客さま操作による正常な停止であると認識されるため、アラームとして検知されず連絡は行われません。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.14
「removing guest ip from nic failed」というエラーが出力され、セカンダリIPアドレスが解放できない

【質問】


「removing guest ip from nic failed」というエラーが出力され、セカンダリIPアドレスが解放できない。

 

【回答】


お手数をおかけ致しますが、契約番号および該当の仮想サーバ、対象IPアドレスを窓口までご連絡ください。
既知の不具合に該当していると想定されますので、弊社にて確認し対応致します。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.05.28
オブジェクトストレージを他社クラウドからでも利用できるか

【質問】


KCPSオブジェクトストレージ(以下KOS)は他社クラウドからでも利用できますか。

 

【回答】


KOSはKDDI Wide Area Virtual Switch(以下WVS)を経由してのみ利用可能であり、
他社クラウドでもオンプレミスでも、WVSを経由することができるのであればご利用になれます。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.08.31
[デバイス「0」では無効な操作です。]とエラーが発生し、ボリュームの拡張ができない

【質問】


AdminConsoleから、データボリュームの拡張を行ったところ、以下エラーが発生し、拡張ができない。

<エラー内容>
Job failed to exception Failed to resize Voliume: デバイス「0」では無効な操作です。

 

【回答】


VMスナップショットを取得した状態で、ボリューム拡張を行ったために発生しております。
VMスナップショットを取得したまま、ボリュームの操作(アタッチ、デタッチ、拡張)を行うことはできません。

●対処方法
VMスナップショットを削除した後、ボリューム拡張可否をご確認ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.07.20
仮想サーバの表示名の編集を行うと[This Function is not supported]と表示され、エラーになる

【質問】


Admin Consoleにて、仮想サーバの表示名の編集を行ったところ、以下エラーが発生した。

<エラー>
This Function is not supported.

16067-001-300x166

 

【回答】


上記エラーが発生する機能は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下KCPS)ではご利用できません。
恐れ入りますが、KCPSを構成するシステム上、実行ボタンを非表示にすることはできません。
 
●利用できない機能例
・仮想サーバの[表示名]の編集
 [インスタンス管理] – [ネットワーク] – [停止中の仮想サーバ] – [編集]

・PublicFrontSegmentの[送信規則]の編集
 [インスタンス管理] – [インスタンス] – [PublicFrontSegment] – [送信規則]

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.07.20
OSのAdministratorのアカウント名を変更した場合でもパスワード初期化機能は利用できますか?

【質問】


KCPSのWindowsサーバにて、管理者ユーザである[Administrator]のアカウント名を異なるものに変更した場合でも、
Admin Consoleのパスワード初期化機能は利用できますか?

 

【回答】


利用できません。
[Administrator]のアカウント名を変更した上で、Admin Consoleからパスワード初期化を行った場合、Admin Console上では発行された
パスワードが表示されますが、OS内ではパスワード変更が行われなくなります。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.31
Usage画面に表示されている値と実使用量に差異がある

【質問】


Usage画面に表示されているバックアップストレージの値が、実際に使用している値と差異がある。

【回答】


Usage機能の仕様として、リアルタイム表記ではございません。
そのため、Usage画面に反映されるまでにタイムラグが生じております。
(最も早い場合で、翌日の朝に情報が更新されます。)

また、Usageでは作成されたバックアップストレージを削除せず、
そのまま当月内継続して利用したケースを想定した、合計使用量を表示します。
そのため、以下例のようにスナップショットを取得し後日削除した場合、実使用量としては、減っていますが、
Usage画面としては容量が加算されるため、差異が生じます。

<例>

日時 実施内容 Usage画面 実使用量
02/01 100GBのスナップショットAを作成 100GB 100GB
02/02 100GBのテンプレートAを作成 200GB 200GB
02/03 スナップショットAを削除 200GB 100GB
02/04 300GBのスナップショットBを作成 500GB 400GB
02/05 スナップショットBを削除 500GB 100GB

参考情報

Usage機能【Ver2のみ】

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/07/13 2018/07/13