拡張機能

ボリュームシャドウコピー(VSS)

Windows OS標準のVSS機能が利用できます。
ファイルの履歴情報を保持し、利用者自身でエクスプローラのプロパティから以前のバージョンへファイル復元を行える機能です。

  • 履歴を管理するデータの保存領域が必要となりますが、契約領域とは別のボリューム(Dドライブ)に保存します。この保存領域に対して利用料はかかりません。
  • 履歴情報の保存フォルダの容量は、各ボリュームごとに200GB固定で用意しています。なお、保存容量値の変更はできません。
  • 容量に空きがある前提で、最大64世代まで保存可能です。
  • 取得間隔は12:00と23:00の1日2回です。なお、取得間隔の変更はできません。

注意!
VSSはバックアップではありません。
VSS機能の仕様(マイクロソフト仕様)として、VSS履歴よりも実
データを優先する動作となっていることから高負荷時などに
VSS履歴の保存に失敗し、VSSが全消失する場合があります。

fs_08_1

fs_08_2

VSS保存世代数のログ出力機能

VSSの保存世代数が確認できるログ出力機能を提供します。

  • 利用方法:法人監理者にてリモートデスクトップ接続後、保存フォルダ内ログファイルをご確認ください。
  • 保存フォルダは「I:\Logs\Vssinfo_out_Log」です。
    参照いただくには「\\ファイルサーバーIPアドレス\Logs$\Vssinfo_out_Log」の格納先を指定してください。
  • ログ出力情報(TXT形式)は以下になります。

【EドライブVSS履歴】

作成時刻: 2017/03/02 19:53:53
作成時刻: 2017/03/02 23:00:16
作成時刻: 2017/03/03 12:00:12
作成時刻: 2017/03/03 23:00:38
作成時刻: 2017/03/04 12:00:25
作成時刻: 2017/03/04 23:00:03
作成時刻: 2017/03/05 12:00:04
作成時刻: 2017/03/05 23:00:16
作成時刻: 2017/03/06 12:00:10
作成時刻: 2017/03/06 23:00:34


【FドライブVSS履歴】

作成時刻: 2017/03/02 19:53:56
作成時刻: 2017/03/02 23:00:03
作成時刻: 2017/03/03 12:00:45
作成時刻: 2017/03/03 23:00:26
作成時刻: 2017/03/04 12:00:03
作成時刻: 2017/03/04 23:00:16
作成時刻: 2017/03/05 12:00:25
作成時刻: 2017/03/05 23:00:03
作成時刻: 2017/03/06 12:00:34
作成時刻: 2017/03/06 23:00:48

VSS機能とは参考:VSS機能とは、以下の技術仕様で履歴の保存・復旧が行われます。fs_09

  • ストレージ上の現データを16KBのブロックで管理し、このブロックに更新(削除・変更)があった場合、更新前のブロックをDiffAreaに格納(Copy On Write処理)します。
    ※ DiffAreaはVSS領域の一部です。
  • ブロックの新規追加の場合は、新しく更新されたというビットのみ管理し、DiffAreaへの書込みはしません。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/12/11 2018/12/11