仮想サーバ

ディスクアタッチ・デタッチ

【スナップショットなどの各操作の処理にかかる時間の目安】
各操作の時間の目安は以下の通りです。
対象ボリュームのI/O状況などにより、所要時間は前後します。
※以下の時間は目安であり、SLAとして性能保証しているものではございません。

操作 Ver 目安時間
スナップショットの作成 KCPS1 3時間/100GB
KCPS2 2時間/100GB
テンプレートの作成 KCPS1 3時間/100GB
KCPS2 2時間/100GB
ディスクのアタッチ KCPS1 6時間/100GB
KCPS2 6時間/100GB

 

アタッチ

ディスクのアタッチは起動中の仮想サーバに実施してください。

作成したディスク(追加ディスク)を仮想サーバに割り当てます。

1.ディスク一覧から、アタッチする追加ディスク(DATADISK)をクリックします。

image006

2.ストレージ詳細が表示されます。

image007

3.「ディスクのアタッチ」をクリックします。

image008

4.ディスクのアタッチ画面が表示されるので、ディスクをアタッチしたい仮想サーバを「インスタンス」(1)から選択し、「OK」(2)をクリックします。
VMスナップショットを取得中の仮想サーバについては追加ディスクのアタッチができません。

image009

 

5.ストレージ詳細情報にて、選択した仮想サーバが表示されます。

image011

6.続けて、仮想サーバにリモート接続か、コンソール接続をした状態で、仮想サーバにディスクをマウントします。

をご覧ください。

 

 

デタッチ

ディスクのデタッチは、ディスクをアンマウント後、仮想サーバを停止させてから実施してください。

デタッチしたディスクをほかの仮想サーバへ、アタッチする場合は、スナップショットを作成し、スナップショットから新しいディスクを作成する必要があります。

1.ディスク一覧から、デタッチするディスク(追加ディスク)をクリックします。

image027

2.ストレージ詳細が表示されるので、「ディスクのデタッチ」をクリックします。

image028

3.「はい」をクリックします。

image029

4.ディスク(追加ディスク)がデタッチされます。

image030

デタッチしたディスクをほかの仮想サーバへ、アタッチする場合は、以下の手順を実施してください。

5.「スナップショットの作成」をクリックします。

image031

6.「はい」をクリックします。

image032

7.スナップショットの作成が完了したら、「表示-スナップショット」をクリックします。

image033

8.作成したスナップショットを選択します。

image034

9.「ボリュームの作成」をクリックします。

image035

10.名前を入力し、OKを押します。
※半角20文字以内。使える文字は、アルファベッド大文字/小文字、数字、“-(ハイフン)”。

11.ストレージ一覧に表示された、作成したボリュームを選択します。

image037

12.「ディスクのアタッチ」を選択します。

image038

13.アタッチしたい仮想サーバを選択します。

image039

14.続けて、仮想サーバにリモート接続か、コンソール接続をした状態で、仮想サーバにディスクをマウントします。

をご覧ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/11/15 2018/11/15