仮想サーバ

仮想サーバの作成【Premium(KVM)】

Premium(仮想化基盤:KVM)におけるリソース割り当て方法

利用したいゲストOSに必要なリソースをご契約メニューのリソース内で割り当ててることが可能です。

  • vCPU数
    • Admin Consoleからの操作で、各仮想サーバへの割り当てて数を下記から選択できます。
      • 1、2、4、6、8、10
      • 全仮想サーバ(ゲストOS)への割り当ててvCPU数の合計値は、15vCPU(*1)を上限としてください。
        ※仮想化基盤の割り当ててvCPU数は、仮想サーバへの割り当てて総数の残数が割り当ててられます。安定稼働のため、最低1vCPUを確保する必要があります。
        ※vCPUのオーバコミット(ゲストOSへの割り当てコア総数が提供CPUコア数を超過)はできません。
        ※一度割り当ててたvCPU数は、仮想サーバを停止したのち変更可能です。
        *1 12vCPUのPremiumの場合は、11vCPUを上限としてください。
      • OSで認識可能な、vCPU数はOS種別によって異なります。
  • メモリーサイズ
    • 各仮想サーバへの割り当ててサイズを下記から選択できます。
      • 1、2、4、6、8、10、12、14、16、20、24、32、46
      • 全仮想サーバ(ゲストOS)への割り当ててメモリーサイズの合計値は、62GB(*1)を上限としてください。
        ※仮想化基盤(ハイパーバイザー)への割り当ててメモリーサイズは、仮想サーバへの割り当てて総サイズの残サイズが割り当ててられます。このため、安定稼働のため、最低限2GBを確保する必要があります。
        ※オーバコミット(ゲストOSへの割り当てて総メモリーサイズが物理メモリーサイズを超過)はできません。
        ※一度割り当ててたメモリーサイズは、仮想サーバを停止したのち変更可能です。
        *1 48GBのPremiumの場合は、46GBを上限としてください。
      • OSで認識可能な、メモリーサイズはOS種別によって異なります。
  • ボリュームサイズ
    • OS起動ボリューム(ルート/Cドライブ)の容量は、50GBまたは100GBからの選択となります。
    • OS起動ボリューム以外のボリュームは、1ボリューム当たり10GB単位で最大2TBまで割り当てることができます。一度作成したボリュームサイズは変更(最大2TBまで)ができます。ボリュームサイズ変更後に、仮想サーバの再起動と再マウント処理が必要となります。
    • 1仮想サーバに最大13ボリューム(OS起動ボリューム除く)を割り当て可能です。
      • ボリュームの接続(アタッチ)はインスタンス起動中でも動的に可能です。ボリュームの取り外し(デタッチ)はサーバ停止の上での実施を推奨します。
        ※一度割り当ててたボリュームの増減はできません。
      • OS上で認識されるボリュームの順番は、Admin Consoleで仮想サーバにボリュームを接続(アタッチ)した順番となります。

【利用OSごとの割り当て可能リソース数】

ゲストOS ストレージ種別
システムストレージ データストレージ
OS起動ボリューム OS起動ボリューム以外
Windows Server 50GB
または
100GB
10GB単位で
1ボリューム
最大2TB
10GB単位で
1ボリューム
最大2TB
RedHat Enterprise Linux
Cent OS

※提供テンプレート一覧は以下をご確認ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/08/15 2018/08/14