• 更新履歴

更新履歴 92 件

2017.03.31
仮想サーバを削除する際に実施すべきことは何か

【質問】


仮想サーバを削除する際に実施すべきことは何か。

【回答】


仮想サーバを削除する際は事前に以下をご確認ください。

1.追加ボリュームを削除する

仮想サーバの削除を行っても、追加ボリュームの削除はされません。ディスクのアンマウントおよびデタッチをしてから削除してください。

2.静的NAT設定を無効にする

PublicFrontSegmentのIPアドレス/グローバルIPアドレスに対して、 静的NAT設定を2つ以上設定したまま仮想サーバを削除すると、 静的NATの設定が解除できないようなロックがかかります。

必ず仮想サーバを削除する際には静的NATが設定されていないかどうか今一度ご確認ください。

3.VMスナップショットを削除する

VMスナップショットが残ったまま仮想サーバを削除すると、先にVMスナップショットの削除が行われるため、仮想サーバの削除に時間がかかる可能性があります。

4.マネージドオプションの監視を行っている場合のMackerelから退役する

退役を実施しない場合、課金対象の仮想サーバとして残り続けてしまうためご注意ください。

●参考情報

ディスクの削除

静的NATの設定解除

VMスナップショット

ホストを課金対象(監視対象)から外す

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.30
拡張ファイアウォールのカスコンログイン画面にアクセスできない

【質問】


開通通知書に記載されている拡張ファイアウォールのカスタマーコントロールのURLへブラウザでアクセスしようとしたところ、ログイン画面にアクセスできない。

 

【回答】


アクセスしているURLが間違っている、またはカスタマーコントロール接続元グローバルIPアドレスが申請時に許可をしたIPアドレスと異なっている可能性があります。

現在接続を試みているURLと、端末の接続元IPアドレスが正しいことをご確認ください。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.29
ファイルサーバーの公開

本日、ファイルサーバー(FS)のページを公開いたしました。
Windowsベースのファイルサーバーをクラウドサービスとして提供、現在の管理や使い勝手は変わらず、構築初期費も無料になります。
詳細はこちらのページをご覧ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.29
マネージドオプション Professionalをリリース

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
3月29日より、「マネージドオプション Professional」の提供を開始致しましたのでお知らせ致します。
詳細は昨日掲載の「法人のお客さま向けトピックス」および「ガイドブック」をご参照ください。

 

・トピックス : http://news.kddi.com/kddi/business-topic/2017/03/2364.html

・ガイドブック: http://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/option/managed/

「マネージドオプション Professional」とは、既にリリース済の監視サービス「マネージドオプション Basic」と組み合わせて利用できる運用サービスです。
OSからアプリレイヤまでの障害時対応や定常時作業を、お客さまに代わってKDDIが行うことでお客さまの運用負荷を軽減致します。

「マネージドオプション Professional」は今後もお客さまニーズに対応したメニューのリリースを順次予定しております。

 

併せて、「マネージドオプション Basic」で設定できる自動監視に「Linux Web監視」を追加しました。
KCPS Admin Console からインスタンスを作成する際に「Linux Web監視」を設定することで、インスタンス構築完了と同時にLinux Webサーバ(Apache)の監視設定が行えます。
詳細は「マニュアル」をご参照ください。

 

・マニュアル :http://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/formation-2/create/kansi/webdb

 

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.28
「既にログインしています。」と表示され、拡張ファイアウォールのカスコンにログインができない

【質問】


「既にログインしています。」と表示され、拡張ファイアウォールのカスタマーコントロールにログインができない。

ナレッジ732画像

【回答】


ログオフせずにブラウザを終了させたことでアカウントロックがかかっている可能性があります。
この場合、一定時間(最大30分)再ログインができなくなります。

ブラウザを閉じて、30分後再度ログインを行ってください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.16
API公開第4弾のおしらせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
お客さまにより使いやすくご利用いただけるよう、あらたにAPIを公開致しました。
今回の公開により、ボリュームの作成がAPIより実行可能となりました。

 

今回公開したAPI一覧

API名 説明
createVolume ボリュームの作成

 

APIご利用にあたってはこちらをご覧ください。詳細は以下の提供API一覧よりご確認ください。

 

今後もお客さまにとって安心してご利用いただけるクラウドサービスを目指して日々邁進してまいります。
引き続きKCPSをご哀願いただきますようよろしくお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.02.02
【お知らせ】仮想サーバの停止・再起動に関する注意事項を修正

仮想サーバの停止・再起動に関する注意事項を修正致しました。

修正対象ページ:停止再起動制約事項・TIPS

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.01.17
「Red Hat Enterprise Linux 5」および「CentOS 5」テンプレート公開終了のお知らせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下、KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

2017年3月31日(金)に「Red Hat Enterprise Linux 5(以下、RHEL5)」および「CentOS 5」のライフサイクルが終了することに伴いまして、
同製品に関わるKCPS上のサービス内容を変更いたします。
お手数をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 
参考:Red Hat Enterprise Linuxのライフサイクル
https://access.redhat.com/ja/support/policy/updates/errata
 

サービス変更内容

KCPSにおいて、RHEL5およびCentOS 5のテンプレート公開を終了いたします。

 

テンプレートの公開終了日

当該テンプレート公開終了日:2017年3月31日(金)

 

お客様のご利用上の影響

・テンプレート公開終了後は、当該テンプレートを用いて新規に仮想サーバを作成することができなくなります。
・テンプレート公開終了後も、当該テンプレートを用いて作成された仮想サーバはご利用いただけます。
・ライフサイクル終了後は、新規セキュリティパッチの提供が終了いたしますので、当該OSの継続利用は推奨されません。
・テンプレート公開終了後もリストア等でテンプレートが必要な場合は、以下のマニュアルをご参考にマイテンプレートを事前に作成いただきますようお願いいたします。
https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/storage/template/
 
参考:提供可能テンプレート一覧
(Ver1)https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/option/template-ver1/
(Ver2)https://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/option/template-ver2/
 
今後ともKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.12.26
【お知らせ】クラウドプラットフォームにおける脆弱性対応について

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

当社では安定したクラウドサービス提供のため、クラウドプラットフォーム設備(仮想サーバが搭載されている物理サーバやネットワーク、ストレージなど)において、報告されている脆弱性に関する調査および検証を継続的に実施しており、リスクを排除するために取り組んでおります。
KCPS設備に関して、報告されている脆弱性への該当有無、および当該プロダクトの有無に関するお問い合わせについては、セキュリティ上の観点からお答え致しかねますので、ご了承のほどお願い致します。
なお、KCPS設備において確認された脆弱性の対処の一環として、お客さまのご協力を必要とする場合につきましては、対応状況などを以下お知らせ画面にて掲載させていただくことがございます。
http://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/information/vulnerability/

また、お客さま仮想サーバ内部に関する脆弱性につきましては、お客さまご自身で判断および対応いただくようお願い致します。

今後もお客さまによりよいサービスが提供できるよう、精一杯努めてまいります。
引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2016.12.06
【お知らせ】仮想サーバの停止に関する注意事項を修正

仮想サーバの停止に関する注意事項を修正致しました。

修正対象ページ:停止制約事項・TIPS

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/02/09 2018/02/09