• 更新履歴

更新履歴 119 件

2016.01.25
仮想サーバのテンプレートのダウンロード方法を教えてください

【質問】


仮想サーバのテンプレートのダウンロード方法を教えてください。

 

【回答】


テンプレートを含め、ディスク、スナップショットなどすべてのデータのダウンロードができないようになっています。

KDDIが標準テンプレートとして提供する、MicroSoftやRedHat社のOSライセンスは、KDDIクラウドプラットフォームサービス上でのみ稼働することを許可されているため、
OSを含む可能性があるファイルのダウンロード機能を提供することができません。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.12.03
スナップショットからの仮想サーバのリストア

スナップショットからテンプレートを作成する時は、そのスナップショットを取得した仮想サーバ削除しないでください。削除されていた場合、テンプレートからサーバを作る際、正常に作成ができません。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.10.23
ゲストOSのインストールをKDDIに行ってもらいたい。

ゲストOSのインストールはお客さまで実施いただく必要があります。ただし、弊社での個別のインストールも可能ですので、弊社担当営業までお問い合わせください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.10.19
ゲストOS操作で仮想サーバを停止 【KCPS ver1/2】

KCPS ver1/2ともにゲストOSで停止操作を行ったときの動作については以下の通りです。

 

(1)KCPS ver1でValueコース(KVM)をご利用時

ゲストOSで停止操作を行うとHA機能が作動し、仮想サーバが別の物理サーバ上に再起動され、停止されません。
サーバ停止操作は、必ず、Admin Console上で実行してください。本操作は禁止操作となりますのでご注意ください。

また監視オプションをご利用時はアラームについても検知され、お客さまへご連絡させていただきます。

(2)KCPS ver1/2でVMwareをご利用時

ゲストOSで停止操作を行うとHA機能は作動せず、OSは停止されます。

但し、監視オプションをご利用時はアラームについても検知され、お客さまへご連絡させていただきます。

 

上記の(1)、(2)を踏まえまして、ゲストOS停止実施時はゲストOS上ではなくAdminConsole上からの実施をお願い致します。

やむを得ずゲストOS上からゲストOS停止を実施する場合は事前にKDDIのKCPS保守・障害対応窓口にご連絡をお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.10.06
RedHatのサブスクリプション未登録時の警告メッセージについて

標準テンプレートよりOSをRedHatにて利用する場合、yum アップデートを実施すると/var/log/messagesに以下警告メッセージが出力する場合があります。

This system
is not registered to Red Hat Subscription Management. You can use
subscription-manager to register.

 

メッセージを抑止したい場合は以下yumコマンドを実行してください。

#yum remove subscription-manager subscription-manager-firstboot

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.07.31
「フォーメーション」機能の提供開始および「拡張LB」の製品追加に伴う内容の追加

以下機能について記載を追加しました。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.04.16
トップページから「Mackerel」を押すと、画面遷移して 「Sign In with KDDI Business ID」のボタンと表示されます。 このボタンをクリックするとどうなりますか?

KDDI Business IDでMackerelへログインして、インスタンス監視のページが表示されます。KCPS開通から30日間は無料でご利用頂けます。30日経過後にボタンを押ししても追加課金は発生しません。

KDDI Business ID

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.04.15
「KDDI Business ID連携」および「Mackerel」に関する記載を追加

KCPS Ver2のセキュリティ強化を目的とした「KDDI Business ID連携」およびサーバ監視サービス「Mackerel」の提供開始に関する記載を追加しました。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.04.02
マイクロソフト社「Windows Server 2003 / 2003 R2」サポート終了に関するご案内

平素は弊社サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
下記の通り、マイクロソフト社からの「Windows Server 2003 / 2003 R2」に対するサポートが
2015年7月15日をもって終了となります。

※サポート終了に伴う情報詳細についてはMicrosoft案内サイトをご覧ください。

「Windows Server 2003 / 2003 R2」のサポート終了後は、新たな脆弱性に対してセキュリティ更新
プログラムや修正プログラムが提供されなくなります。
それに伴い、いかなる場合においても同OSのサポートならびに再提供が行えなくなります。

KDDIクラウドプラットフォームサービス上において、持込みOSとしてご利用中のお客さまにつきましては、
マイクロソフト社のサポート終了前に、Windows2008/2008R2、Windows2012/2012R2への移行をご検討
くださいますようご案内致します。

※なお、KDDIクラウドプラットフォームサービス上でWindows Server 2003 / 2003 R2のご利用を
継続する事は可能ですが、サポートは致しかねますのであらかじめご了承ください。

KDDIでは、今後もよりよいサービスの提供が行えるよう、精一杯努めて参ります。
引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.01.29
KCPS Ver2.0の内容を追加

KCPS Ver2.0の以下機能について記載を追加しました

KCPSのバックアップ、リストアに関する記載を追加しました

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/08/15 2018/08/14