エージェント再起動

エージェントの再起動手順

エージェントの再起動は以下のコマンドで行うことができます。

Linuxの場合

 

Windowsの場合(コマンド)

 

Windowsの場合(GUI)

  • 停止方法

1.サービス画面を開きます。

– Windows Server 2012の場合
[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]-[管理ツール]-[サービス]をクリックします。

-上記以外のWindows環境の場合
[コントロールパネル]-[管理ツール]-[サービス]をクリックします。

 

2.mackerel-agentサービスを選択して、[停止]ボタンをクリックします。

 

  • 起動方法

1.サービス画面を開きます。

– Windows Server 2012の場合
[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]-[管理ツール]-[サービス]をクリックします。

-上記以外のWindows環境の場合
[コントロールパネル]-[管理ツール]-[サービス]をクリックします。

 

2.mackerel-agentサービスを選択して、[開始]ボタンをクリックします。

 

エージェント再起動後の手順

エージェント再起動後の手順は状況により分かれます。

 

  • 監視設定を自動で行ったことがある場合(サービス名:KCPSManagedOption、ロール名:kcpsの登録がすでにある場合)

自動で監視設定した際に、サービス・ロールの作成、リソース監視(CPU、メモリー、ディスク容量)の設定が完了しています。
エージェント再起動後に自動でサービス・ロールへの登録、リソース監視の設定が行われます。
Mackerelの管理画面から監視対象仮想サーバへ監視登録されていることをご確認ください。

 

  • 監視設定を自動で行ったことがない場合(サービス名:KCPSManagedOption、ロール名:kcpsの登録がない場合)

リソース監視(CPU、メモリー、ディスク容量)の設定をMackerel管理画面(GUI)から行う必要があります。
(サービス・ロールの作成は設定ファイルで行われます。)
リソース監視の設定方法はこちらを参考に実施してください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/10/19 2018/10/19