ネットワーク

ネットワーク構成(ベアメタルサーバー)

KCPS ベアメタルサーバーをご契約いただくことで、ご利用いただけるセグメントが追加されます。
追加されるセグメントは以下のとおりです。

セグメント名 概要
BM 1G Back ベアメタルサーバー間の通信にご利用可能なネットワークセグメントです。1Gbps(ベストエフォート)での通信が可能です。
BM 10G Back ベアメタルサーバー間の通信にご利用可能なネットワークセグメントです。10Gbps(ベストエフォート)での通信が可能です。
UserBMC ベアメタルサーバーのBMCコンソールと通信するためのネットワークセグメントです。
BM Monitoring ベアメタルサーバー上でKCPS提供機能をご利用いただく際に必要なネットワークセグメントです。
BM Management 今後の機能拡張で利用予定のネットワークセグメントです。

ネットワーク構成概要図

上記セグメントを利用した各構成を以下の概要図に示します。

セグメント説明

各セグメントの説明は以下の通りです。

セグメント名 説明
BM 1G Back お客さま用の内部ネットワークのため、サブネット含めお客さまで自由に設定可能です。(※1)
システムからはVLAN IDのみ割り当てられます。VLAN ID数は5 VLANです。
BM 10G Back お客さま用の内部ネットワークのため、サブネット含めお客さまで自由に設定可能です。(※1)
システムからはVLAN IDのみ割り当てられます。VLAN ID数は10 VLANです。
UserBMC 『/24』のネットワークがシステムから払い出されます。お客さまはアドレスの指定ができません。
アドレスはKCPS 仮想サーバーはDHCP払い出し、ベアメタルサーバーのBMCはサーバー作成時に自動割り当てです。
第4オクテット1~10(※2)が仮想サーバーで、90~249がベアメタルサーバーおよびBMC用アドレスで使用可能です。(※4)
BM Monitoring 『/24』のネットワークがシステムから払い出されます。お客さまはアドレスの指定ができません。
アドレスはKCPS 仮想サーバーはDHCP払い出し、ベアメタルサーバーは手動設定です。
第4オクテット2~10(※3)が仮想サーバーで、90~249がベアメタルサーバーでご利用可能です。

※1:KCPS 仮想サーバーで払い出し/ご申請いただいたネットワークと、ベアメタルサーバーご契約時に自動払い出しされるネットワークと競合するアドレス空間はご利用いただけません。
※2:1~3はDHCP用に割り当てられますため、手動設定時は4~10をご指定ください。
※3:1はDefaultGWとして、2~3はDHCP用に割り当てられますため、手動設定時は4~10をご指定ください。
※4:BMCのIPアドレスはサーバー作成時に自動割り当てされますためお客さまでご指定できません。

各セグメントの数量

ご利用いただける各セグメントの数量は以下のとおりです。

セグメント名 数量 追加可否
BM 1G Back 5 不可
BM 10G Back 10 不可
UserBMC 1 不可
BM Monitoring 1 不可
BM Management 1 不可

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/11/15 2018/11/15