ネットワーク

Pulse Secure Virtual Traffic Manager

重要なお願い KDDIクラウドプラットフォームサービス 拡張ロードバランサー

Pulse Secure Virtual Traffic Managerの「ライセンス更新」および「バージョンアップ」について

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下、KCPS)に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

KCPSオプションメニューである拡張ロードバランサー(以下、拡張LB)」「Pulse Secure Virtual Traffic Manager(※旧Brocade Virtual Traffic Manager)」 ご利用のお客様について、年間ライセンスの更新期限を迎えるため、当該ライセンスの「①ライセンス更新」および「②バージョンアップ」の作業を実施いただく必要がございます。

※Pulse Secure社がBrocade社を買収したことに伴い、製品名がPulse Secure Virtual Traffic Managerに変更しました。

お客様にはお手数をお掛けし大変恐縮ですが、以下を参照し作業を実施いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

 

■概要

①ライセンス更新作業

ご利用いただいているライセンスにつきまして、2018年11月30日までに更新いただくことで、お客様ご利用の拡張LB本来の帯域を継続的にご利用いただけます。
下記に記載いたします作業詳細をご確認いただき、新しいライセンスへと更新いただきますようお願いいたします。

②バージョンアップ作業

新しくリリースするver18.2未満のバージョンは、2019年3月29日でサポートが終了となります。

下記に記載いたします作業詳細をご確認いただき、新しいバージョンに更新いただきますようお願いいたします。

 

■作業実施期限

①ライセンス更新作業 : 2018年11月30日まで

②バージョンアップ作業 : 2019年3月29日まで

 

■作業を実施しなかった場合の影響

①ライセンス更新作業が実施されなかった場合、通信帯域が1Mbpsに制限されます。
※2018年10月1日以降に拡張LBテンプレートを新規ご利用のお客様につきましては対象外となります。

②バージョンアップ作業を実施しなかった場合、不具合発生時にサポートができなくなります。

(新しくリリースするver18.2未満のバージョンは、2019年3月29日でサポートが終了するため)
※A10 vThunderの拡張LBをご利用のお客様は対象外となります。

 

推奨作業順序

①ライセンス更新 ⇒ ②バージョンアップ作業

注※

②バージョンアップ作業 ⇒ ①ライセンス更新 ⇒ ③バージョンアップ切戻しを実施した場合、ライセンスは古い情報に切戻ってしまいます。

推奨作業順序でバージョンアップ後にバージョン切り戻しを実施した場合は、更新したライセンスのままとなります。

 

■「①ライセンス更新」作業 詳細

・対象者

拡張LB「Pulse Secure Virtual Traffic Manager(旧Brocade Virtual Traffic Manager)」をご契約されている全てのお客様

※ライセンス更新作業に伴うサービス影響はありません。

①手順書

こちらよりダウンロードください。

②ライセンスファイル

KDDIより、個別にメールにて送付いたします。

 

■「②バージョンアップ」作業詳細

・対象者

拡張LB「Pulse Secure Virtual Traffic Manager(旧Brocade Virtual Traffic Manager)」でご利用中のバージョンが9.9、10.4のお客様

注※

[1] お客様事情により、バージョンアップを希望されない場合、ライセンス更新のみを行っていただくことも可能です。

[2] 上記、作業実施期限内に作業を実施されない場合、サポートが終了する為、サポートを受けることができなくなります。

①手順書

お客様のご利用構成により手順が異なりますので、事前に構成をご確認のうえ、以下の手順をご参照ください。

シングル構成の場合はこちらよりダウンロードください。

冗長構成の場合はこちらよりダウンロードください。

②バージョンアップファイル

こちらよりダウンロードください。

③作業実施時の注意事項

1.冗長(クラスタ)構成でご利用のお客さま

影響A 5秒程度の通信断が発生します。プロセスが再起動され、セッション情報がクリアされます。お客さまシステムによっては、再ログインなどが必要になります。
影響B 5秒程度の通信断が発生します。セッション情報は保持されます。
※お客さまシステムの稼働状況(負荷状況)によっては、5秒以上の通信断が発生します。

2.シングル構成でご利用のお客さま

影響 5秒程度の通信断が発生します。プロセスが再起動され、セッション情報がクリアされます。
お客さまシステムによっては、再ログインなどが必要になります。
※お客さまシステムの稼働状況(負荷状況)によっては、5秒以上の通信断が発生します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/09/28 2018/09/28