Premium(専有サーバ型)

専有サーバ型であるPremiumの料金体系は以下の通り

*表記の金額は、すべて税抜価格です。消費税分は別途精算させていただきます。

項目 月額料金 初期/変更
工事費
種別 KVM(*1) VMware 単位 日割有無
サーバ利用料
(*2)
Premium 210,000円 270,000円 HWごと 無料
エクストラアベイラビリティ【KCPS ver2のみ】 10,000円 HWごと
OS利用料(*2) Windows Server
(*3)
Standard Edition 5,000円 仮想サーバごと
Enterprise Edition 20,000円 HWごと
Datacenter Edition
RedHat Enterprise Linux 無料 7,000円 仮想サーバごと
13,000円(*4)
CentOS 無料 仮想サーバごと
ストレージ
利用料
システムストレージ 500円/10GB 割り当て容量ごと
データストレージ 250円/10GB
バックアップ
利用料
バックアップストレージ 500円/10GB 利用容量ごと (*5)
アプリケーション
利用料
ウイルスチェック 3,000円 仮想サーバごと
Microsoft SQL Server Standard (*6) 62,000円 HWごと (*7)
Microsoft Remote Desktop Service 500円 エンドユーザーごと
接続デバイス数ごと
Microsoft
SharePoint
SharePoint Hosting 146,500円 仮想サーバごと
SharePoint Standard CAL 100円 エンドユーザーごと
SharePoint Server standard SAL 600円
SharePoint Server Enterprise SAL 600円
SharePoint Server Enterprise SAL SA 100円
Microsoft
Office
Office Standard 1,600円
Office Professional Plus 2,000円
Microsoft
Visio
Visio Standard 1,000円
Visio Professional 2,200円
Microsoft
Exchange
Exchange Ent Plus SAL 1,000円
Exchange Enterprise SAL 800円
Exchange Enterprise SAL SA 100円
Exchange Basic SAL 200円
Exchange Standard SAL 300円
Exchange Standard SAL SA 100円
Exchange Std Plus SAL 600円

*1 KVMはKCPS ver1のみの提供となります。(jp-east03を除く)
*2 OS起動ボリュームとして、50GBまたは100GBが必要となり、別途システムストレージの利用料が発生します。
*3 同一物理HW上に、Windows Serverの仮想サーバが5台以上もしくは「Datacenter Edition」か
「Enterprise Edition」が1台以上ある場合は、「Enterprise , Datacenter Edition」のご利用のみ発生となります。
*4 5vCPU以上ご利用のサーバにインストール時に適用されます。
*5 KCPS ver1は月間最大利用容量での課金となります。KCPS ver2は日次の課金となります。
*6 SQL Server Standard Editionの対応可能CPU数は4vCPUとなります。
*7 別途インストール作業費用と、ISO保存用のバックアップストレージ利用料(インストール後削除)がかかります。
お客さまのご要件に応じて見積もり致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/02/09 2018/02/09