• お知らせ

お知らせ 130 件

2017.08.10
【完了】Admin Consoleメンテナンスのお知らせ(2017年9月2日-9月3日)

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービスをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

下記のとおり、管理ソフトウェア安定性向上のためのメンテナンス作業を実施いたします。
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご理解の程お願い申し上げます。

メンテナンス日時

開始予定 2017年9月2日(土)19:00
終了予定 2017年9月3日(日)23:00

対象

KCPS Ver1 サイト名 東日本 西日本
ゾーン名 Tokyo01 jp-east02 jp-east03 Osaka01 jp-west02
影響有無
KCPS Ver2 サイト名 東日本 西日本
ゾーン名 jp2-east01 jp2-east02 jp2-east03 jp2-west01
影響有無 × × × ×

※ ○ = 影響あり / × = 影響なし

メンテナンス中のサービス影響

下記サービス影響がございます。
・Admin Consoleへのログインができません(メンテナンス画面が表示されます)
・Admin Consoleを用いた各種操作ができません
・Admin Consoleから実施中のゾーン間テンプレートコピーおよびテンプレートアップロード、ボリュームアタッチ、コンソール接続のセッションが切断されます
・Admin Consoleで設定の定期スナップショットが取得できません
※既存のお客様インスタンスの動作には影響はございません。
※メンテナンス期間中はAdmin Console上の操作が一切できなくなります。停止中のインスタンスを起動させることもできなくなりますので、ご注意ください。

ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.07.26
【KCPS ver2】新テンプレート提供のお知らせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
7月25日より、新しいテンプレートをリリースいたしましたのでご案内させていただきます。

新テンプレート名:
RHEL 6.8(64bit)
RHEL 6.8(64bit) SEP
RHEL 6.8(32bit)
RHEL 6.8(32bit) SEP
RHEL 7.1(64bit)
RHEL 7.1(64bit) SEP
RHEL 7.3(64bit)
RHEL 7.3(64bit) SEP
CentOS 6.8(64bit)
CentOS 6.8(32bit)
CentOS 7.1(64bit)
CentOS 7.3(64bit)

詳細はこちらをご参照下さい。

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.06.30
【公開】SteelApp(Brocade Virtual Traffic Manager)10.4へのバージョンアップファイル

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービスをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

 

拡張ロードバランサ「SteelApp(Brocade Virtual Traffic Manager)9.9」のサポートが2018年1月終了するのに伴い、
「SteelApp(Brocade Virtual Traffic Manager)10.4」へのバージョンアップファイルおよび手順書を公開いたしました。
旧バージョンアップに関するページは、2017/11/1に公開終了とさせていただきます。

 

バージョンアップファイルおよび手順書はこちらよりご確認いただけます。

 

「SteelApp(Brocade Virtual Traffic Manager)9.9」ご利用中のお客様には、改めて、7/19以降メール、もしくは担当営業より周知させていただきます。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.05.18
ランサムウェア「WannaCry」に関するKDDI KCPSファイルサーバーへの影響について

(2017/5/18公開の「【周知】KCPSファイルサーバーのWannaCry対策(MS17-010)」から一部修正)

平素はKDDIのサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
メディアで報道されております通り、主に「WannaCry」と呼ばれるランサムウェア(身代金マルウェア)による感染被害が世界各国で確認されています。
このランサムウェアはMicrosoft製品に関する脆弱性の修正プログラム「MS17-010」で修正されたSMBv1通信の脆弱性を利用しています。

「KCPSファイルサーバー(以下、KCPS-FS)」への影響について下記の通りお知らせ致します。

  1. KCPS-FSへの感染の可能性についてKCPS-FSはインターネットに直接接続していない、WVS/WVS2閉域網での利用としています。
    よって、KCPS-FSが「WannaCry」に直接感染することはありません。
    ※お客さまの感染したPCがKCPS-FSに接続していた場合のみ、二次感染として感染する可能性があります。直接の感染はありませんが、予防策として修正プログラム「MS17-010」を適用致します。
    ご利用中のお客様には別途作業依頼を致します。
  2. KCPS-FSへアクセスするお客様端末での対策のお願いについて(二次感染防止)KCPS-FSへアクセスするお客様端末の感染防止としてMicrosoft社がセキュリティパッチをサポートしているOSバージョンに、最新のセキュリティパッチを適用をお願いいたします。
    https://blogs.technet.microsoft.com/systemcenterjp/2017/05/15/wannacrypt-ms17-010-sccm/
  3. 今後のランサムウェア感染時の対処についてウィルス対策ソフトでは防御しきれない、日々生成される新種のウィルスへの感染が発生した際、お客様にて感染経路を遮断し、感染拡大を防止する「KCPS-FSの共有のOFF」機能がございます。KCPS-FSの「ドライブ共有 停止/開始ツール」のご利用をお願いいたします。
    http://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/extensions/fileserver/handson_fileserver/investment/drive_sharing/
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.05.12
拡張LB バージョンアップテンプレートをリリース

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
5月1日より、拡張ロードバランサーのバージョンアップテンプレート(KCPS ver2)をリリースいたしましたので
ご案内させていただきます。
新テンプレート名:LB-BrocadeVTM-10.4 100GB
旧テンプレート名:LoadBalancer-ST9.9 100GB

詳細は以下の「ガイドブック」および「マニュアル」をご参照下さい。
・ガイドブック:http://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/network/lb/elb/
・マニュアル :http://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/network/lb/elb/brocade-traffic-manager/

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.05.02
【完了】KCPS ver1 メンテナンスのお知らせ(2017年11月2日~11月5日)

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下、KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

下記の通り、機能追加、安定性向上のため、クラウド管理ソフトウエアのバージョンアップを実施致します。
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご理解の程お願い申し上げます。

(2017/11/28 追記:予備日の作業は実施いたしません)

  • 日時/対象/影響サービス
  • FAQ

メンテナンス日時

開始予定 2017年11月2日(木)22:00
終了予定 2017年11月5日(日)24:00
開始予定(予備日) 2017年12月7日(木)22:00
終了予定(予備日) 2017年12月10日(木)24:00

予備日については注釈(※1)をご確認ください。

対象

KCPS Ver1 サイト名 東日本 西日本
ゾーン名 Tokyo01 jp-east02 jp-east03 Osaka01 jp-west02
影響有無
KCPS Ver2 サイト名 東日本 西日本
ゾーン名 jp2-east01 jp2-east02 jp2-east03 jp2-east04 jp2-west01
影響有無

 

メンテナンス中のサービス影響

KCPS1Verup201711
図1 メンテナンス中のサービス影響

概要は図1をご参照ください。

対象 機能・操作内容 影響 影響内容
お客様仮想サーバ お客様仮想サーバの稼働
PublicFrontSegment通信  インターネット通信に断あり(※2)
IntraFrontSegment通信
DMZSegment通信
BackSegment通信
拡張ファイアウォール
カスタマーコントローラー
ログイン
JSOCログ提供
Admin Console操作
(インスタンス管理・
ポータル画面)
ログイン ご利用不可
Admin Console上での各種操作(機能・操作一覧はこちら ご利用不可
実施中、実施予定の手動・定期スナップショットの取得 ご利用不可
実施中、実施予定のゾーン間テンプレートコピー ご利用不可
実施中、実施予定のテンプレートアップロード ご利用不可
KCPS管理サーバとの通信
(MonitoringSegment通信)
WindowsOSのWindowsライセンス認証
Windows Update
Red Hat Enterprise Linuxのアップデート
SEP(Symantec Endpoint Protection)のウイルス定義ファイルの更新
NTPサーバとの時刻同期
DNSサーバとの名前解決
運用オプション監視(Zabbix)
※1 メンテナンス作業当日に何らかの不具合が発生するなど、作業続行が難しい状態となった場合は作業を見合わせ、改めて予備日での作業を実施させていただく場合がございます。予備日の作業実施有無につきましては、2017年11月6日(月)以降に改めてご連絡致します。
(2017/11/28 追記:予備日の作業は実施いたしません)
※2 メンテナンス作業時間中にPublicFrontセグメントにございます仮想ルータを再起動する必要があり、PublicFrontセグメント経由のインターネット通信(双方向)が最長15分間×2回利用不可となります。PublicFrontセグメントの仮想ルータを複数台お持ちの場合は複数回、また万が一の場合はメンテナンス作業前の状態に戻す必要がありますため、その際にもインターネット通信が利用不可となります。なお、Public Frontセグメント以外の他セグメント(Intra、Backなど)の通信には影響ございません。

ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

FAQ

【Q】今回のメンテナンス作業の目的を教えて下さい。

機能追加、安定性向上のため、クラウド管理ソフトウェアのバージョンアップを実施致します。

 

【Q】今回のメンテナンス作業で追加される機能はなんでしょうか?

KCPSver2で提供中の機能が一部(VMスナップショット、ディスク拡張など)利用可能となります。

 

【Q】今回のメンテナンス作業でどのように安定性が向上されるのでしょうか?

本バージョンアップ作業でクラウド管理ソフトウェアの抱えるいくつかのバグが解決されます。

 

【Q】メンテナンス作業日時を教えて下さい。

2017年11月2日(木) 22:00 ~2017年11月5日(日) 24:00を予定しております。
また2017年12月7日(木)22:00~2017年12月10日(日)24:00を予備日程として予定しております。
メンテナンス作業当日に何らかの不具合が発生し、作業続行が難しい状態となった場合は作業を見合わせ、改めて予備日での作業を実施させて頂く場合がございます。

 

【Q】メンテナンス作業による影響は発生しますか?

作業時間帯にAdmin Consoleが利用不可、またPublic Frontセグメント経由のインターネット通信が最長15分間利用不可となります。
詳細はお知らせ内容に記載の「メンテナンス中のサービス影響」をご確認下さい。
なお、インターネット通信が一時利用不可となる以外、お客様インスタンスへの影響はございません。

 

【Q】メンテナンス作業前に実施すべき対応はありますか?

影響内容をご確認のうえ、お客さまのKCPSご利用用途に合わせてご対応をお願いいたします。
例えば、定期スナップショットの実施に失敗することが予想される場合、あらかじめ手動でスナップショットを取得するなどのご対応をご検討ください。
またその際には、スナップショットの取得にかかる時間にご留意ください。

 

【Q】インターネット通信が最長15分間利用不可、とありますが、拡張FWを利用している場合も利用不可となるのでしょうか?

拡張FWをご利用になられている場合は作業による影響はございません。
標準FW経由でのインターネット通信のみ作業による影響で最長15分間利用不可となります。

 

【Q】メンテナンス作業後にKCPSで提供中の機能に変更はありますか?

現在KCPSver1でご利用中の機能に変更はございません。

 

【Q】メンテナンス作業中に障害が発生した場合は対処頂けるのでしょうか?

メンテナンス作業期間中も、障害発生時は通常通り対応致します。

 

【Q】インスタンス内トラブル等、メンテナンス作業中に緊急でAdmin Console操作が必要な場合はどうすればよいでしょか?

お客様インスタンス内トラブル等により、緊急でインスタンスの停止/起動の作業が必要な場合はメンテナンス作業通知メールに記載の問い合わせ窓口までお問い合わせ下さい。

 

【Q】なぜメンテナンスに3日もかかるのですか?

クラウド管理ソフトウェアのバージョンアップの際にお客様にご利用頂いています全ての仮想ルータの再起動が必要となり、長時間のメンテナンス時間枠が必要となります。
ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご理解の程お願い申し上げます。

 

【Q】作業期間中にHAが発生した場合、どうなるのですか?

ご利用中の仮想マシンは自動復旧されます。

 

【Q】今回のメンテナンス作業で使えなくなる機能はありますか?

作業時間帯にAdmin Consoleが利用不可、またPublic Frontセグメント経由のインターネット通信が最長15分間利用不可となります。
詳細はお知らせ内容に記載の「メンテナンス中のサービス影響」をご確認下さい。なお、インターネット通信が一時利用不可となる以外、お客様インスタンスへの影響はございません。

 

【Q】対応ブラウザの変更はありますか?

引き続きInternet Explorere、Firefoxをご利用頂けますが、推奨バージョンについては変更の可能性がございます。
別途マニュアル等で周知させて頂きます。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.29
ファイルサーバーの公開

本日、ファイルサーバー(FS)のページを公開いたしました。
Windowsベースのファイルサーバーをクラウドサービスとして提供、現在の管理や使い勝手は変わらず、構築初期費も無料になります。
詳細はこちらのページをご覧ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.29
マネージドオプション Professionalをリリース

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
3月29日より、「マネージドオプション Professional」の提供を開始致しましたのでお知らせ致します。
詳細は昨日掲載の「法人のお客さま向けトピックス」および「ガイドブック」をご参照ください。

 

・トピックス : http://news.kddi.com/kddi/business-topic/2017/03/2364.html

・ガイドブック: http://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/option/managed/

「マネージドオプション Professional」とは、既にリリース済の監視サービス「マネージドオプション Basic」と組み合わせて利用できる運用サービスです。
OSからアプリレイヤまでの障害時対応や定常時作業を、お客さまに代わってKDDIが行うことでお客さまの運用負荷を軽減致します。

「マネージドオプション Professional」は今後もお客さまニーズに対応したメニューのリリースを順次予定しております。

 

併せて、「マネージドオプション Basic」で設定できる自動監視に「Linux Web監視」を追加しました。
KCPS Admin Console からインスタンスを作成する際に「Linux Web監視」を設定することで、インスタンス構築完了と同時にLinux Webサーバ(Apache)の監視設定が行えます。
詳細は「マニュアル」をご参照ください。

 

・マニュアル :http://iaas.cloud-platform.kddi.ne.jp/virtual-server/formation-2/create/kansi/webdb

 

今後もお客さまに寄り添った、クラウドサービスを目指して機能拡充を進めてまいります。
引き続きKCPSをご愛顧賜りますようよろしくお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.28
【お知らせ】RHELサポート範囲を変更

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のサポート範囲を変更しました。

詳しくはサービスガイドブック(ゲストOSの注意事項)をご確認ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.16
API公開第4弾のおしらせ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
お客さまにより使いやすくご利用いただけるよう、あらたにAPIを公開致しました。
今回の公開により、ボリュームの作成がAPIより実行可能となりました。

 

今回公開したAPI一覧

API名 説明
createVolume ボリュームの作成

 

APIご利用にあたってはこちらをご覧ください。詳細は以下の提供API一覧よりご確認ください。

 

今後もお客さまにとって安心してご利用いただけるクラウドサービスを目指して日々邁進してまいります。
引き続きKCPSをご哀願いただきますようよろしくお願い致します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/08/15 2018/08/14