• よくあるご質問

よくあるご質問 339 件

2018.06.25
スナップショットの取得完了日時を確認する方法はあるか

【質問】


スナップショットの取得完了日時を確認する方法はあるか。

 

【回答】


スナップショット取得完了日時を確認する方法はございません。
以下ページにスナップショット取得時間の目安を記載しておりますので、ご確認ください。

●参考情報
バックアップ、リストア

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.25
Cloud Berry Backupの利用方法について問い合わせたい

【質問】


Cloud Berry Backupの利用方法について問い合わせたい。

 

【回答】


簡易利用手引きについては、以下参考情報をご参照ください。
また、その他サポートについては、サポート要領書に従いお問い合わせください。

●参考情報
各種ツールのご紹介

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.25
【Mackerel】Windows Serverのパーティションごとの容量監視は実施可能か

【質問】


Mackerelの監視で、Windows Serverのパーティションごとの容量監視は実施可能か。

 

【回答】


Mackerelでは、2018年4月時点ではWindows Serverのパーティションごとの容量監視には対応しておりません。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.14
スナップショットの「作成日時」に表示されている日時は、スナップショットの取得完了日時のことか

【質問】


「表示-スナップショット」をクリックした際に表示される「作成日時」は、スナップショットの取得が完了した日時のことか。

 

【回答】


スナップショットの取得完了日時ではなく、スナップショットの取得開始日時となります。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.14
【Mackerel】通知メール内に、任意の文字列を記載することはできるか

【質問】


Mackerelの通知メール内に、任意の文字列を記載することはできるか。

 

【回答】


以下手順に沿って設定頂くことで実現可能です。

●手順
(1)Mackerel管理画面(GUI)から「Monitors」を選択し、任意の監視ルールにて「編集」を押下します。
(2)「基本設定」内にある「監視ルールのメモ」に、通知メールに表示したい内容を記載し「更新」を押下します。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.14
Admin Consoleから仮想サーバを停止したが、「構築・運用オプション」のアラーム検知連絡がこない

【質問】


Admin Consoleから仮想サーバを停止したが、「構築・運用オプション」のアラーム検知連絡がこない。

 

【回答】


Admin Consoleから仮想サーバの停止を行った場合、
お客さま操作による正常な停止であると認識されるため、アラームとして検知されず連絡は行われません。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.14
「removing guest ip from nic failed」というエラーが出力され、セカンダリIPアドレスが解放できない

【質問】


「removing guest ip from nic failed」というエラーが出力され、セカンダリIPアドレスが解放できない。

 

【回答】


お手数をおかけ致しますが、契約番号および該当の仮想サーバ、対象IPアドレスを窓口までご連絡ください。
既知の不具合に該当していると想定されますので、弊社にて確認し対応致します。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.06.06
メモリをオーバーコミットさせたPremiumサーバ上の仮想サーバが起動できない

【質問】


メモリをオーバーコミットさせたPremiumサーバ上の仮想サーバが起動できない。

 

【回答】


Premiumサーバのメモリをオーバーコミットさせた状態では、仮想サーバが起動できない場合があります。
オーバーコミット状態を以下のいずれかの対処方法にて解消いただき、再度仮想サーバの起動可否をご確認ください。

●対処方法
1. 「サービス変更」にて、仮想サーバへの割り当てメモリーサイズの合計値を制限内に変更してください。
2. 同一Premiumサーバ上の、当該仮想サーバ以外の不要な仮想サーバを削除してください。

 

●参考情報
仮想サーバの作成【Premium(VMware)】
仮想サーバの作成【Premium(KVM)】
サービス変更 
Premium 仮想サーバ削除

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.05.30
ステータスが[Error]となり、サイトバックアップが失敗する

【質問】


サイトバックアップの機能を利用し、jp2-east01の仮想サーバのスナップショットをjp2-west01へテンプレートとしてコピーしたところ、
管理画面上でステータスが[Error]となってしまう。

 

【回答】


サイトバックアップ先の不要な仮想サーバを削除いただき、再度サイトバックアップを実施いただきますようお願い致します。
既にサイトバックアップ先のサイトにて仮想サーバが上限数まで作成されている場合、
ダミーインスタンスの作成が行えないため、サイトバックアップの処理がErrorとなります。

●参考情報
サイトバックアップ

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018.05.30
IPv6を無効化した場合、MonitoringSegment経由の通信はできるか

【質問】


IPv6を無効化した場合、MonitoringSegment経由の通信はできるか。

 

【回答】


KCPSではIPv6は未対応のため、IPv6を無効化してもMonitoringSegment経由の通信をご利用いただけます。

●参考情報
IPアドレスの割り当てルール

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2019/03/13 2019/03/13