• よくあるご質問

よくあるご質問 339 件

2014.08.04
【Brocade】設定のリストア方法について教えてください

【質問】


設定のリストア方法について教えてください。

 

【回答】


設定のリストアはGUI、CLIから行うことが可能です。

 

●手順
・GUIからのリストア
1. System -> Backupsと遷移し、”Backups stored on Traffic Manager ~”をセクションで、任意のバックアップ名を選択します。
2. “Restore Configuration”セクションで”Fully restore this backup.”、または”Restore backup without any machine specific information.”を選択し、Restoreボタンをクリックします。

・CLIからのリストア
1. OSのコマンドプロンプト上で、下記コマンドを実行します。
$Brocade Traffic ManagerHOME/zxtm/bin/zconf import <ファイル名>.tar

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】SOAP API利用方法について教えてください

【質問】


SOAP API利用方法について教えてください。

 

【回答】


Brocadeでは設定変更をGUIの他にSOAP APIを利用して実施することも可能です。SOAP APIを利用する際には、利用する言語に応じて実行環境を準備する必要があります。
perlからSOAP APIを呼び出すために必要な準備はCPANもしくはパッケージ(yum)によってSOAP::Liteをインストールするのみです。

例)CPANによるインストール
# cpan
cpan>install SOAP::Lite

例)パッケージ(yum)によるインストール
# yum install perl-SOAP-Lite

 

●参考情報
サンプルコード、詳細についてはRiverbed社サポートサイト中の”Steel App Traffic Manager Control API Guide”を参照ください。
https://support.riverbed.com/docs/stingray/trafficmanager.htm

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】ライセンスで制限している帯域の上限に達している場合に、管理者にメールで通知を行う方法を教えてください

【質問】


ライセンスで制限している帯域の上限に達している場合に、管理者にメールで通知を行う方法を教えてください。

 

【回答】


帯域制限版のBrocadeをご利用の際には、ライセンスによって制限された利用可能帯域に達しているかを通知する機能があることがのぞまれます。
この場合、下記の設定追加を行っていただく必要があります。

 

●手順
1. System -> Alerting -> Manage Event Typesと遷移します。
2. Create new event typeセクションで、Nameフィールドに任意のイベント名を入力した上で、Add Event Typeボタンをクリックします。
3. Event Type画面に遷移しますので、Eventsツリー上で、License Keys -> Warningsとツリーを展開し、bwlimitedを選択した上で、Updateボタンをクリックします。
4. System -> Alerting -> Manage Actionsと遷移します。
5. Alerting Actionsセクションで、E-Mailを選択し、Additional Settingsにメールアドレス、サーバアドレスを記入の上、Updateボタンをクリックします。
6. System -> Alerting画面で、Select event typeで3で作成したEventを選択し、Select actionでE-Mailを選択します。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】ライセンスの有効期限が切れる前に管理者にメールで通知を行う方法を教えてください

【質問】


ライセンスの有効期限が切れる前に、管理者にメールで通知を行う方法を教えてください。

【回答】


下記の設定追加を行うことで、予期しないライセンス有効期限切れを防ぐためにライセンス切れが迫っていることを通知することができます。

 

●手順
1. System -> Alerting -> Manage Event Typesと遷移します。
2. Create new event typeセクションで、Nameフィールドに任意のイベント名を入力した上で、Add Event Typeボタンをクリックします。
3. Event Type画面に遷移しますので、Eventsツリー上で、License Keys -> Warningsとツリーを展開し、expiresoonを選択した上で、Updateボタンをクリックします。
4. System -> Alerting -> Manage Actionsと遷移します。
5. Alerting Actionsセクションで、E-Mailを選択し、Additional Settingsにメールアドレス、サーバアドレスを記入の上、Updateボタンをクリックします。
6. System -> Alerting画面で、Select event typeで3で作成したEventを選択し、Select actionでE-Mailを選択します。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】フェイルオーバー時のセッション引継ぎについて教えてください

【質問】


フェイルオーバー時のセッション引継ぎについて教えてください。

 

【回答】


クラスタ構成でフェイルオーバーが発生した場合、セッション情報(HTTP/HTTPS)はスタンバイ側(passive)のBrocadeに引き継がれます。
※TCPコネクションは、フェイルオーバー後、クライアントからの再接続が発生します。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】仮想サーバのRequest Logを取得する方法を教えてください

【質問】


仮想サーバのRequest Logを取得する方法を教えてください。

 

【回答】


以下の設定を行うことで、仮想サーバのRequest LogをBrocade上に保存することが可能です。

 

●手順
1. Virtual Servers>”仮想サーバ名”>Request Logging to Fileと遷移します。
2. log!enabledを「yes」とし、Updateボタンを押します。

また、以下の設定にて、保存先をSyslogサーバとすることも可能です。

1. Virtual Servers>”仮想サーバ名”>Remote Request Loggingと遷移します。
2. syslog!enabledを「yes」とし、Updateボタンを押します。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】Brocadeで使用する通信利用プロトコル及びPortを教えてください

【質問】


Brocadeで使用する通信利用プロトコルおよびPortを教えてください。

 

【回答】


Brocadeでは、以下のプロトコルおよびPortを利用します。

TCP 9090 Client- > Brocade IP(WebUI/管理画面へのアクセス)
TCP 22 Client- > Brocade IP(ssh/管理コンソールへのアクセス)
UDP 9080 Brocade IP Brocade IP (クラスタ間同期)
UDP 9090 Brocade IP Brocade IP(マルチキャスト/ハートビート)
UDP 123 Brocade -> NTPサーバ宛(時間同期用)
ICMP Brocade->GW / Brocade IP / Backend Server(通信監視用)
TCP/UDP Client -> Brocade IP (仮想IP宛通信)
Brocade IP -> Backend Server (バックエンドサーバ宛通信)

 

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】Brocadeのプロセス監視する方法を教えてください

【質問】


Brocadeのプロセス監視する方法を教えてください。

 

【回答】


Brocadeのプロセス監視を行いたい場合は、以下の稼動状態を確認ください。

Brocade Traffic Manager.admin
Brocade Traffic Manager.eventd
Brocade Traffic Manager.flipper
Brocade Traffic Manager.monitor
Brocade Traffic Manager.zxtm

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】Brocade自身の死活監視はどのようなものがありますか?

【質問】


Brocade自身の死活監視はどのようなものがありますか?

 

【回答】


Brocade自身の状態を判断するため、以下の死活監視を行っています。

1. デフォルトゲートウェイ宛 ・500ms 間隔で ICMP により応答を確認
・5秒以上応答がなければ自身をダウンと判定
2. バックエンドサーバ宛 ・500ms 間隔で ICMP により応答を確認
・5秒以上応答がなければ自身をダウンと判定
3. 対向のBrocade宛 ・500ms 間隔で マルチキャストまたはユニキャストの独自パケットで workingメッセージを送受信。
・対向からのworkingメッセージが受信されなかった場合、対向をダウンと判定
・5秒以上workingメッセージの受信がなければ対向をダウンと判定

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2014.08.04
【Brocade】Brocadeの統計情報保持期間を教えてください

【質問】


Brocadeの統計情報保持期間を教えてください。

 

【回答】


統計情報の保持期間はデフォルトで90日となります。

●手順
1.System > Global Settings > Login and Security Settings にて、保持期間を設定します。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2019/03/13 2019/03/13