パートナーサービス 5 件

2018.06.25
【Mackerel】Windows Serverのパーティションごとの容量監視は実施可能か

【質問】


Mackerelの監視で、Windows Serverのパーティションごとの容量監視は実施可能か。

 

【回答】


Mackerelでは、2018年4月時点ではWindows Serverのパーティションごとの容量監視には対応しておりません。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.07.20
WindowsOSにおけるMackerelエージェントの再インストール方法が知りたい

【質問】


WindowsOSにて、Mackerel-Agentをインストールしているが、正常に動作していないようなので、再インストールを実施したい。
ただし、収集された過去のリソースデータや監視設定の情報はそのまま残しておきたい。
実施方法を教えてください。

 

【回答】


idファイルおよびmackerel-agent.confファイルを残すことで、過去のデータを引き継いだままMackerel-Agentの再インストールが可能です。
以下手順に沿って実施してください。

※今後のMackerel-Agentのバージョンによっては、idファイルが上書きされ、過去のデータが引き継げなくなる可能性もございます。

●手順
1.対象サーバにて以下ディレクトリにアクセスし、以下ファイルを別ディレクトリへコピーします。
C:\Program Files(x86)\Mackerel\mackerel-agent

<対象ファイル>
・id
・mackerel-agent.conf

2.仮想サーバ上にて以下ページを開き、[プログラムと機能]の画面にて、[mackerel-agent]が表示されていることを確認します。
[スタート] – [コントロールパネル] – [プログラム] – [プログラムと機能]

16056-001-300x180

 

3.[mackerel-agent]を右クリックし、[アンインストール]を選択します。

4.以下ポップアップ画面にて、[はい]を選択します。
[mackerel-agentをアンインストールしますか?]

16056-002-300x89

 

5.以下ポップアップ画面にて、[OK]を選択します。
[The setup must must update files or services~]

16056-003-300x103

6.[プログラムと機能]の画面を更新し、[mackerel-agent]の表示がなくなったことを確認します。

7.以下ディレクトリへアクセスし、対象ファイルが存在していることを確認します。
※存在していない場合は、手順1にてコピーしたファイルを配置してください。

C:\Program Files(x86)\Mackerel\mackerel-agent

<対象ファイル>
・id
・mackerel-agent.conf

8.Mackerel-Agentのインストールを実施します。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.07.20
WindowsOSにおけるMackerelエージェントのアンインストール方法が知りたい

【質問】


Windows OSにおけるMackereエージェントのアンインストール方法を教えてください。

 

【回答】


以下手順に沿って実施してください。

●手順
1.仮想サーバ上にて以下ページを開き、[プログラムと機能]の画面にて、[mackerel-agent]が表示されていることを確認します。
[スタート] – [コントロールパネル] – [プログラム] – [プログラムと機能]

2.[mackerel-agent]を右クリックし、[アンインストール]を選択します。

3.以下ポップアップ画面にて、[はい]を選択します。
[mackerel-agentをアンインストールしますか?]

 

4.以下ポップアップ画面にて、[OK]を選択します。
[The setup must must update files or services~]

 

5.[プログラムと機能]の画面を更新し、[mackerel-agent]の表示がなくなったことを確認します。

6.仮想サーバ上にて、以下ディレクトリに移動します。
C:\Program Files(x86)\Mackerel\mackerel-agent
※導入時の状況によってはディレクトリが異なります。

7.以下ファイルが存在していた場合、ファイルを削除します。
・id
・mackerel-agent.conf

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.31
「サブシステムがロックされています」と表示され、Mackerel-Agentの起動ができない

【質問】


マネージドオプションの監視サービスを利用して、KDDI標準提供テンプレートから作成したLinux系OSの仮想サーバで、
Mackerel-Agentの起動ができず、下記コマンドで状態を確認すると下記のコマンド結果が表示された。

<実行コマンド>
# /etc/init.d/mackerel-agent-kcps status

<コマンド結果>
mackerel-agent-kcps は停止していますがサブシステムがロックされています。

【回答】


ロックファイルが残留しているため、Mackerel Agentのサービスが正常に起動できていない可能性があります。
以下対処方法を実施し、改善可否をご確認ください。

1.以下コマンドを実行し、下記のロックファイルの有無を確認
# ls /var/lock/subsys/mackerel-agent-kcps

→mackerel-agent-kcpsが存在することを確認。

2.以下コマンドを実行し、 /var/lock/subsys/にあるロックファイルの削除
# rm mackerel-agent-kcps

3.mackerel-agent-kcpsの再起動実施
# service mackerel-agent-kcps restart

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2015.04.16
KDDI ビジネスオンラインサポートでID追加後、追加したIDでMackerelにログインできない

【質問】


KDDI ビジネスオンラインサポートでID追加後、追加したIDでMackerelにログインできない。

 

【回答】


KDDI ビジネスオンラインサポートでID追加後、追加したユーザーへ、Mackerel画面から招待メールを送付する必要があります。
このとき、招待メールには、KDDI ビジネスオンラインサポートで設定したメールアドレスを指定してください。

詳細は、以下参考情報をご参照ください。

●参考情報
IDの追加(招待メールの送付)

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/12/07 2018/12/07