Admin Console 31 件

2017.08.31
[デバイス「0」では無効な操作です。]とエラーが発生し、ボリュームの拡張ができない

【質問】


AdminConsoleから、データボリュームの拡張を行ったところ、以下エラーが発生し、拡張ができない。

<エラー内容>
Job failed to exception Failed to resize Voliume: デバイス「0」では無効な操作です。

 

【回答】


VMスナップショットを取得した状態で、ボリューム拡張を行ったために発生しております。
VMスナップショットを取得したまま、ボリュームの操作(アタッチ、デタッチ、拡張)を行うことはできません。

●対処方法
VMスナップショットを削除した後、ボリューム拡張可否をご確認ください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.07.20
仮想サーバの表示名の編集を行うと[This Function is not supported]と表示され、エラーになる

【質問】


Admin Consoleにて、仮想サーバの表示名の編集を行ったところ、以下エラーが発生した。

<エラー>
This Function is not supported.

16067-001-300x166

 

【回答】


上記エラーが発生する機能は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下KCPS)ではご利用できません。
恐れ入りますが、KCPSを構成するシステム上、実行ボタンを非表示にすることはできません。
 
●利用できない機能例
・仮想サーバの[表示名]の編集
 [インスタンス管理] – [ネットワーク] – [停止中の仮想サーバ] – [編集]

・PublicFrontSegmentの[送信規則]の編集
 [インスタンス管理] – [インスタンス] – [PublicFrontSegment] – [送信規則]

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.07.20
OSのAdministratorのアカウント名を変更した場合でもパスワード初期化機能は利用できますか?

【質問】


KCPSのWindowsサーバにて、管理者ユーザである[Administrator]のアカウント名を異なるものに変更した場合でも、
Admin Consoleのパスワード初期化機能は利用できますか?

 

【回答】


利用できません。
[Administrator]のアカウント名を変更した上で、Admin Consoleからパスワード初期化を行った場合、Admin Console上では発行された
パスワードが表示されますが、OS内ではパスワード変更が行われなくなります。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.31
Usage画面に表示されている値と実使用量に差異がある

【質問】


Usage画面に表示されているバックアップストレージの値が、実際に使用している値と差異がある。

【回答】


Usage機能の仕様として、リアルタイム表記ではございません。
そのため、Usage画面に反映されるまでにタイムラグが生じております。
(最も早い場合で、翌日の朝に情報が更新されます。)

また、Usageでは作成されたバックアップストレージを削除せず、
そのまま当月内継続して利用したケースを想定した、合計使用量を表示します。
そのため、以下例のようにスナップショットを取得し後日削除した場合、実使用量としては、減っていますが、
Usage画面としては容量が加算されるため、差異が生じます。

<例>

日時 実施内容 Usage画面 実使用量
02/01 100GBのスナップショットAを作成 100GB 100GB
02/02 100GBのテンプレートAを作成 200GB 200GB
02/03 スナップショットAを削除 200GB 100GB
02/04 300GBのスナップショットBを作成 500GB 400GB
02/05 スナップショットBを削除 500GB 100GB

参考情報

Usage機能【Ver2のみ】

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.30
NICの追加時に、「NIC already exists for VM:xxx」と表示され追加できない

【質問】


仮想サーバにNICを追加する時、「NIC already exists for VM:xxx」と表示され追加できない。

 

【回答】


追加しようとしたセグメントのNICが、既に対象の仮想サーバに割り当ててられている可能性がございます。

仮想サーバにはお申込いただいたセグメントごとに1つのNICを割り当ててることが可能です。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.28
KCPS2にて、AdminConsoleへログインを行うと「アカウントがロックされています。」と表示されログイン出来ない。

【質問】


KCPS2にて、AdminConsoleへログインを行うと「アカウントがロックされています。」と表示されログインできない。

【回答】


パスワードを連続して誤るとパスワードロックされます。
ロック状態は、自動解除されませんので、以下対処方法を実施してください。

●対処方法

申し込み時の管理者ユーザーがロックされた場合 対象のユーザーにて「パスワードを忘れた方はこちら 」からパスワードを変更してください。
お客さま追加ユーザーがロックされた場合 対象のユーザーにて「パスワードを忘れた方はこちら 」からパスワードを変更してください。
または
申し込み時のユーザーでログイン後、対象ユーザーのパスワード変更または、ステータスを変更する(有効にする)事により、ロック解除可能です。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.28
KCPS ver1にて、Admin Consoleへログイン時「このユーザはロックアウトされています。」と表示されログインが出来ない

【質問】


KCPS ver1にてAdmin Consoleへログイン時「このユーザーはロックアウトされています。しばらくしてからログインを行ってください。」と表示されログインができない。

【回答】


パスワードを連続して誤ると一時的にパスワードロックされます。
30分で自動解除されるため、30分経過後に再度ログインをしてください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.03.23
「すでに割り当てるIPがありません」と表示され、仮想サーバが作成できない

【質問】


仮想サーバ作成時に以下エラーが発生し、仮想サーバが作成できない。

エラー内容:「すでに割り当てるIPがありません」

 

【回答】


作成可能な仮想サーバ数に達した場合にエラーが発生します。
仮想サーバを使用可能な数より多く作成したい場合は、新たなセグメントの契約をご検討ください。

 

参考情報

仮想サーバの注意事項

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.02.23
KCPS Ver2 利用管理者ポータルトップ画面 表示変更のご案内

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
 
「KDDI クラウドプラットフォームサービス Ver2」において、大規模な記憶装置であるオールフラッシュストレージを利用した「ファイルサーバー」メニューを2017年4月以降より提供開始致します。
こちらに伴い、先行して利用管理者ポータルトップ画面の表示を一部変更致しますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 
利用管理者ポータルトップ画面
 
当該表示は「ファイルサーバー」メニューをご利用されないお客さまの画面上にも表示されてしまいますが、既存のお客さまインスタンスの動作や料金請求に影響はございません。
 
【参考】
KDDI クラウドプラットフォームサービスに「ファイルサーバー」メニューを追加

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2017.01.31
Admin Console上と仮想サーバ上のNIC情報の表示順序に差異がある

【質問】


Admin Console上に表示されているNIC情報の表示順序が、仮想サーバ上で表示されているNIC情報の表示順序と異なっている。

 

【回答】


仮想サーバにNICの追加・削除の操作を行った際に表示順序に差が生じる場合がございます。
Admin Console上のNIC情報は仮想サーバ上のNIC情報を示すものではなく、仮想サーバのNICの数を示しております。

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/05/25 2018/05/25