拡張機能

バックアップ用コマンドツール(CLI)

ご利用にあたって


本コマンドは、KCPSオブジェクトストレージのバージョンなどにより正常に動作しない場合があります。
また、フリーツールとしてご提供している関係上、ご使用に当たり、データの復元などなどの問題が発生した際の保証などはございませんので、ご理解の程、よろしくお願い致します。
実行方法および出力形式については、できる限りAWS CLIと同様に開発しておりますが、KCPSオブジェクトストレージの仕様により一部異なる場合がございます。
本ツールを利用し、バックアップ機能を開発したいなどのご要望がある場合は、別途、以下ご相談先までご連絡ください。

■ご相談先 :

無題

株式会社アウトソーシングテクノロジー ビジネスソリューション課

Mail: bs-ml@ostechnology.co.jp

コマンドラインツール利用シーン


・Cloud_Berry_Backupのようなライセンス費用が掛かるソフトウエアを利用したくない
・世代管理など、自動で行う必要がない
・Linuxサーバ(CentOS)から、KCPSオブジェクトストレージを直接利用したい
・AWS CLIと同じように利用したい

のようなシーンを想定しています。

※Windowsの場合は、「Cloud Berry Backup ツール」をご利用ください。

—メリット—
・ライセンス費用が不要
・コマンドとして、Linuxから実行可能
・JSON結果出力を利用したShellなどに組み込みが可能

—デメリット—
・サポート/保証がない

インストールおよび、定義ファイル配置


(1)ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルを解凍する

(2)ダウンロードはこちら:実行ファイルとディレクトリを以下のように配置する

配置例
/home/USER/.kcps/ :ディレクトリ名 .kcpsとする
k/home/USER/kcps-cli :実行ファイル

(3)定義ファイル(credentials)を作成する

ファイルの作成
vi /home/USER/.kcps/credentials
kcps_access_key_id = “XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX”
kcps_secret_access_key = “XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX”
endpoint =

kcps_access_key_id、secret_access_key、endpointは、KCPS オブジェクトストレージのAdminConsole利用契約をご参照ください。
kcps_secret_access_keyはAPIキーを払い出した際に表示されます。
AdminConsoleの機能・操作
APIキー払い出し
エンドポイント表示

コマンド実行方法


基本操作(help表示方法)

[root@hostname~]# ./kcps-cli help

NAME:

kcps-cli – Universal Command Line Interface for KDDI Cloud Platform Service

USAGE:

kcps-cli [global options] command [command options] [arguments…]

VERSION:

0.0.0

COMMANDS:

list-objects

put-object

get-object

delete-object

help, h Shows a list of commands or help for one command

GLOBAL OPTIONS:

–help, -h show help

–version, -v print the version

バケット内リスト取得方法(list-objects)

[root@hostname ~]# ./kcps-cli list-objects -h
NAME:
kcps-cli list-objects –

USAGE:
kcps-cli list-objects [command options] [arguments…]

DESCRIPTION:
Returns some or all (up to 1000) of the objects in a bucket.

OPTIONS:
–bucket value Name of the bucket.

 

——-実際の実行例——
[root@hostname ~]# ./kcps-cli list-objects –bucket /osttest
{“ListBucketResult”: {“Marker”: “”, “MaxKeys”: “1000”, “Delimiter”: “”, “IsTruncated”: “false”, “Contents”: {“Key”: “test.txt”, “LastModified”: “YYYY-MM-DDThh:mm:ss.sssZ”, “ETag”: “”xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx””, “Size”: “62”, “Owner”: {“ID”: “xxxxxxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx”, “DisplayName”: “kosXX@XXXXXXXXX”}, “StorageClass”: “STANDARD”}, “-xmlns”: “http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/”, “Name”: “test”, “Prefix”: “”}}
出力されるJSON形式(各カラム)については、レスポンスボディを参照してください。

ファイルアップロード(put-object)

[root@hostname ~]# ./kcps-cli put-object -hNAME:kcps-cli put-object -USAGE:kcps-cli put-object [command options] [arguments…]DESCRIPTION:Adds an object to a bucket.OPTIONS:–bucket value  Name of the bucket to which the PUT operation was initiated.–key value Object key for which the PUT operation was initiated.–body value Object data.

 

——-実際の実行例——

[root@hostname ~]# ./kcps-cli put-object –bucket /test –key test.txt –body test.txt出力されるJSON形式(各カラム)は、なし

レスポンスボディを参照してください。

ファイルダウンロード(get-objetct)

[root@hostname ~]# ./kcps-cli get-object -hNAME:kcps-cli get-object -USAGE:kcps-cli get-object [command options] [arguments…]DESCRIPTION:Retrieves objects from ObjectStrage.OPTIONS:–bucket value–key value–outfile value

 

——-実際の実行例——

[root@hostname ~]# ./kcps-cli get-object –bucket /test –key test.txt –outfile /tmp/test.txt出力されるJSON形式(各カラム)は、なし

レスポンスボディを参照してください。

オブジェクト削除(delete-object)

[root@hostname ~]# ./kcps-cli delete-object -h

NAME:

kcps-cli delete-object –

USAGE:

kcps-cli delete-object [command options] [arguments…]

DESCRIPTION:

Delete objects from ObjectStrage.

OPTIONS:

–bucket value

–key value

 

——-実際の実行例——

[root@hostname ~]# ./kcps-cli delete-object –bucket /test –key test.txt

出力されるJSON形式(各カラム)は、なし

レスポンスボディを参照してください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/08/15 2018/08/14