拡張機能

AltaVault

 

AltaVaultとは

オンプレミスにおいてお客さまがご利用中の既存バックアップツール(Arcserveなど)や運用手順をそのまま活用し、バックアップデータをクラウド(KCPSオブジェクトストレージ)に保存できるNet App社のクラウドストレージゲートウェイ製品です。
※AltaVaultはKDDIソリューションサービス基本要綱でのご提供になります

AltaVault概要

AltaVault対応ツール

活用シーン(1)

課題:
■ データ保存をしているテープ(LTO)装置が故障したため、データバックアップ先をクラウド上(KCPSオブジェクトストレージ)に変更したい。
■ オンプレミスサーバのデータバックアップに関わる運用管理コストを削減したいため、KCPSオブジェクトストレージを利用したいが、慣れている運用手順は変えたくない。

解決:
お客さま既存資産を生かしつつ、データ保存先だけKCPSオブジェクトストレージに変更することでコスト削減やDR対策が可能になります。

AltaVault活用1

活用シーン(2)

課題:
■ 保存する必要のあるデータ容量が増え続けているため拡張性の高いオブジェクトストレージを利用したいが、バックアップやリストア時間の増大も解消したい。
■ オンプレシステムの設備更改を行ったばかりで、またバックアップツールも購入しているためクラウド移行はまだできないが、オブジェクトストレージにデータ保管することでストレージのコスト削減とDR対策を両立したい。

解決:
お客さま既存資産を生かしつつ、データ保存先だけKCPSオブジェクトストレージに変更することでメンテナンス時間の節約や工数の削減が可能になります。

AltaVault活用2

活用シーン(3)

課題:
■障害発生時、早くリストアしてシステム復帰祐させたい

解決:
データがKCPSオブジェクトストレージに格納されていれば、オンプレシステムが被災した場合やEOLのタイミングで、KCPS上へのリストアやマイグレが比較的容易になります。

申込方法

お申し込みにつきましては、KDDI 法人営業担当者までお問い合わせください。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/02/09 2018/02/09