拡張機能

バケット管理

バケット管理には以下の機能があります。

  • バケット作成
  • バケット一覧表示
  • クォータ設定・変更
  • バケット削除
  • 作成
  • 一覧表示
  • クォータ設定・変更
  • 削除

バケット作成について

  1. オブジェクトストレージコンソールから、バケットを作成します。
    「バケットを作成する」をクリックし、バケット作成ウィンドウを開きます。スクリーンショット_2015-07-27_16_26_30
  2. 以下の値を入力して、「OK」をクリックします。
    スクリーンショット_2015-07-30_19_49_27

※バケットは最大5つまで作成可能です。
 ご希望のバケット名が既に他のお客さまでご利用されていた場合は、ご利用(設定)できません。

番号 名称 説明 備考
1 バケット名
(必須)
本サービスでご利用いただくストレージ領域を特定するための名前です。
すべてのバケットはほかのユーザー含め、名前の重複が許されず、一意である必要があります。そのため希望しているバケット名をご利用できない場合があります。
バケットに格納された各オブジェクトは下記形式のURLでREST APIによりアクセスされます。
http://xxx.xxx.xxx.xxx/bucket/object

内容
http://xxx.xxx.xxx.xxx エンドポイント
bucket バケット名
object オブジェクト名

形式のURLでREST APIによりアクセスされます。

  • 3~63文字まで設定可能です。
  • 使用可能な文字種は半角英数小文字、「.(ドット)」、「-(ハイフン)」、「_(アンダーバー)」です。
    バケット名に「_(アンダーバー)」を入力できますが、非推奨です。AWS S3 と非互換になるため、クライアントツールによっては利用できない場合があります。
  • 先頭に「.(ドット)」、「-(ハイフン)」は使用できません。
  • 末尾に「.(ドット)」は使用できません。
  • 「.(ドット)」は、2文字以上連続して使用でません。
  • バケット名の変更はできません。
2 クォータ 作成するバケットの使用量の上限です。 0.1テラバイト~999.9テラバイトまで0.1テラバイト単位で設定可能です。
3 詳細はこちら クォータに関するマニュアルページへのリンクです。 クォータ設定・変更

 

バケット一覧表示について

  1. オブジェクトストレージのコンソール画面にバケットの一覧が表示されます。
  2. 作成済のバケットにマウスオーバーすると、設定の変更ギアアイコンや削除が表示されます。スクリーンショット_2015-07-30_21_15_38

バケット一覧の表示項目

番号 名称 説明 備考
1 バケット名 本サービスでご利用いただくストレージ領域を特定するための名前です。
すべてのバケットはほかのユーザー含め、名前の重複が許されず、一意である必要があります。そのため希望しているバケット名をご利用できない場合があります。
バケットに格納された各オブジェクトは下記形式のURLでREST APIによりアクセスされます。http://xxx.xxx.xxx.xxx/bucket/object

内容
http://xxx.xxx.xxx.xxx エンドポイント
bucket バケット名
object オブジェクト名

 

バケット名の変更はできません。
2 使用量【注1】/クォータ
使用量
バケットに格納された全オブジェクトのデータ使用量です。
クォータ
作成するバケットの使用量の上限です。
クォータを設定した場合、使用量とクォータの割合が表示されます。割合により表示される色が変わります。

割合
クォータ設定
無制限
表示されません スクリーンショット_2015-07-30_20_38_51
70%未満 スクリーンショット_2015-07-30_20_38_51
70%以上
90%未満
オレンジ スクリーンショット_2015-07-30_20_38_51
90%以上 スクリーンショット_2015-07-30_20_38_51
使用量をByteで換算して合計値をTBで表示します。1TBは1024Byteの4乗のこととし、小数点2けた目を切り上げして表示します。
0.1テラバイト未満は切り上げた値となります。
マウスオーバーで表示される ギアアイコンからクォータ設定ができます。
3 作成日 バケットが作成された日付です。 バケットは作成日の昇順に表示されます。
4 合計使用量【注1】 全バケットの現在の使用量合計です。 合計使用量をByteで換算して合計値をTBで表示します。1TBは1024Byteの4乗のこととし、小数点2けた目を切り上げして表示します。
0.1テラバイト未満は切り上げた値となります。
5 最大使用量【注1】 合計使用量の月ごとの最大値です。 最大使用量をByteで換算して合計値をTBで表示します。1TBは1024Byteの4乗のこととし、小数点2けた目を切り上げして表示します。
0.1テラバイト未満は切り上げた値となります。
月始まりについて、まだ集計が行われていない場合、”-”として 表示されます。

【注1】使用量表示について、データ格納してから反映されるまで最大5分程度のタイムラグが発生する場合がございますので、ご注意ください。

クォータ設定・変更について

  1. 各バケットをマウスオーバーして表示される使用量/クォータのギアアイコンからクォータの設定ができます。スクリーンショット_2015-07-30_21_15_38
  2. 設定値を入力して、「OK」をクリックします。
    制限を設定する場合は「指定する」を選択の上でサイズを入力してください。クォータ設定

 

番号 名称 説明 備考
1 現在の設定 現在の設定状態、および使用量が表示されます。 制限を設定したバケットも無制限設定に変更可能です。
2 クォータ設定
指定しない(無制限) : (初期値)
制限を行わない容量無制限に設定します。
指定する :
制限を0.1テラバイト~999.9テラバイトまで0.1テラバイト単位で設定可能です。

一度制限を設定したバケットも無制限設定に変更可能です。

※大きなサイズのファイルをアップロードした場合、クォータ設定以上のオブジェクトが格納されますが、それ以降のオブジェクトの格納を制限します。
※クォータ設定値を超えて保存されたデータ容量も課金対象となります。
クォータ設定により、想定外(世代管理の設定ミスなど)のオブジェクトアップロードを防止することができます。

3 詳細はこちら クォータに関する説明ページへのリンクです。 このページへのリンクです。
バケット削除について

  1. 作成済のバケットにマウスオーバーすると、×削除 が表示されます。
    スクリーンショット_2015-07-30_21_15_38
  2. 削除するバケット名を入力してください。
    削除するバケットの名前を入力してください。バケットの名前が完全一致した場合、削除ボタンが有効化されます。
    スクリーンショット_2015-07-31_16_28_55

バケット内にオブジェクトが存在する状態でもバケットを削除することができます。
その場合、バケット内のオブジェクトは同時に削除され、復旧することはできません。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/02/09 2018/02/09