拡張機能

ウイルスチェック

ファイルサーバーサービスご利用のお客さまへ

平素は、KDDIクラウドプラットフォームサービス(以下、KCPS)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
KCPSオプションメニューであるファイルサーバーサービス(以下、KCPS-FS)で提供しておりますSymantec Endpoint Protection
(以下、SEP)のバージョンアップ作業についてご案内いたします。

1.背景
 本サービスで提供しております、SEPのバージョンは”12.1″となります。
 本バージョンは、2019年4月3日にスタンダードサポートが終了となり、以降は製品のバグ修正が行われなくなります。
 また、2021年4月3日に延長サポートが終了となり、延長サポート終了後は、ウイルス定義ファイルの更新が終了し、
 現在のバージョン(12.1)のご利用ができなくなります。

2.概要
 KCPS-FSはサービスとしてお客さまへadmin権限を開放していないため、KDDI側でバージョンアップ作業を行います。
 作業概要は以下のとおりです。
 A) 旧バージョンのアンインストール+仮想サーバー再起動
 B) 新バージョンのインストール+仮想サーバー再起動
 C) SEPの各種設定

3.対象のお客さま
 KCPS-FSをご利用のお客さま

4.バージョンアップに伴うサービス影響
 上記、A),B)の2回、仮想サーバーの再起動が発生します。
 仮想サーバー再起動に1回あたり10~15分程度かかります。

5. 作業日程
 申込時にいただいた連絡先にお客さま毎にメールでご案内しますので、ご確認のほど宜しくお願いいたします。

 
お客さまにはご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

 

ファイルサーバ自身への感染を防ぎ、また保存ファイルに対しても検疫を実施します。

fs_10

  • Symantec endpoint protectionをインストールして提供します。
  • パターンファイルは定期的に最新の状態に保ちます。(更新時にサービス停止はしません)
  • 検疫はファイル更新時(新規保存、上書き保存)に行い、検出されたリスクにより動作が異なります。
    • ファイル感染型やマクロウイルスの場合:感染ファイルからウイルスコードのみ除去し、正常な状態のファイルに修正。
      除去に失敗した場合は、該当ファイルを削除します。
    • トロイの木馬やワームの場合:該当ファイルを削除します。
    • セキュリティリスク:該当ファイルを削除します。削除に失敗した場合はログ出力し、該当ファイルは削除されません。
  • 検疫が発生した場合、クリーニングを行いログに残します。ログ出力情報(CSV形式)は以下の通り。
  • ウイルスチェックログファイルは「I:\Logs\Virus_Log」フォルダに保存します。
    参照いただくには「\\ファイルサーバーIPアドレス\Logs$\Virus_Log」の格納先を指定してください。
項目 備考
日時 ウイルス検知日時  yyyy/mm/dd hh:mm:ss 形式
サーバ名 KDDIにて付与した管理用サーバ名
ウイルス名 不正プログラム名
感染ファイル ウイルス感染ファイル名
結果 ウイルスクリーニング結果

 

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2019/02/19 2019/02/19