拡張機能

KCPS FSで許容するMackerel操作一覧

KCPS Managed「その他の設定」から操作を許容する作業は下記となります。

リソースグラフの確認

  • 「Hosts」から「ホスト名」をクリックし、システムメトリックでリソースグラフを閲覧する

Alerts通知先の追加

  • 「monitors」から「チャンネル設定」を追加し、通知先チャネルおよびグループを作成し、設定済のサービス・ロール(=KCPS-FS)を割り当てる

Alertの消し込み

  • 「Alerts」から発生アラートを消し込む。
     ※ ディスク(ボリューム)の容量逼迫Alertなど解消には増強や収容分散など時間を要する場合に限る。

解約時

  • 対象ホストを退役にする

 

  • サービス「KCPS-FS」に紐づくすべての監視ルールやロールの設定の変更
  • KCPS ファイルサーバーの「監視ステータス」を「working」から変更
  • Mackerel全体の監視通知の無効化
    以上の操作はしないでください。異常時に正常な検知と通知が行えなくなります。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/11/09 2018/11/09