List Part

処理概要

アップロードIDを指定して、マルチパートアップロードでアップロード済のパーツリストを取得する。

リクエスト

リクエストパラメタ

GETで利用できるパラメタは下記になります。

Name Type Description Required
encoding-type string レスポンスをエンコードするために要求し、使用するエンコード方式を指定します。 No
uploadId string アップロードIDは、リスト済のパートのマルチパートアップロードを区別するものです。 Yes
max-parts string レスポンスボディでパーツの最大値を設定します。 No
part-number-marker string 指定したパーツ番号以降をリスト化します No

リクエストヘッダー

このオペレーションはすべての操作に共通するリクエストヘッダのみを使用しています。詳細については、一般的なリクエストヘッダを参照してください。

リクエストボディ

なし

リクエストサンプル

レスポンス

レスポンスヘッダ

このオペレーションはすべての操作に共通するレスポンスヘッダのみを使用しています。詳細については、一般的なレスポンスヘッダを参照してください。

レスポンスボディ

Name Type Description
ListPartsResult container レスポンスのコンテナ
Bucket sring マルチパートアップロードを開始したbucketの名前
Encoding-Type string レスポンスにあるobjectのエンコードタイプ
Key string マルチパートアップロードを開始したobjectのキー名
UploadId string アップロードID
Initiator container マルチパートアップロードを開始したユーザーのコンテナ。内容はOwnerと同様。
ID string 認証済ユーザーID
DisplayName string スクリーン名
Owner container スクリーン名とIDのコンテナ
StorageClass string アップロード済objectの保管ストレージ種別。”STANDARD”のみ。
PartNumberMarker integer パーツリストの開始パーツ番号
NextPartNumberMarker integer リストが切断される時、この要素にはリストの最後のパート(リクエストパラメタにある part-number-marker と同じ値)が指定されます。
MaxParts integer レスポンスで扱えるパーツの最大数
IsTruncated boolean パーツリストが途中で切断されているかを知るフラグ。MaxParts要素に書かれた最大値をパーツ番号が超えていたら、リストは切断されます。
Part string 特定のパーツに関係するコンテナ。レスポンスには0個以上のPart要素があります。
PartNumber integer パーツを識別するパーツ番号
LastModified datetime アップロード済パーツの最終更新日時
ETag string アップロード済パーツのETag
Size integer アップロード済パーツのデータサイズ

レスポンスサンプル

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/10/19 2018/10/19