GET Object ACL

処理概要

GET Object ACLはaclサブリソースを利用して、アクセスコントロールリスト(ACL)を返します。

このメソッドを利用するには、objectに対してREAD_ACP権限が必要です。

リクエスト

リクエストパラメタ

Name Type Description
versionId 使用不可

リクエストヘッダー

このオペレーションはすべての操作に共通するリクエストヘッダのみを使用しています。詳細については、一般的なリクエストヘッダを参照してください。

リクエストボディ

なし

リクエストサンプル

レスポンス

レスポンスヘッダ

このオペレーションはすべての操作に共通するレスポンスヘッダのみを使用しています。詳細については、一般的なレスポンスヘッダを参照してください。

レスポンスボディ

Name Type Description
AccessControlList container Grant, Grantee, Permissionのコンテナ
AccessControlPolicy container Grantee毎のobjectのACL permissionを内包します
DisplayName string bucketオーナーのスクリーン名
Grant container grantee とそのpermissionのコンテナ
Grantee string permissionを付与する対象
ID string bucketオーナーかgranteeのID
Owner container bucketオーナーのスクリーン名とIDのコンテナ
Permission string granteeに設定されたpermission (FULL_CONTROL, WRITE, READ_ACP)

レスポンスサンプル

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/05/25 2018/05/25