Delete Multiple Object

処理概要

Multi Object Deleteは、1度のHTTPリクエストで複数のobjectを削除することができます。削除したいobjectのキー名毎に発生する個別のDelete Objectによるオーバーヘッドを軽減します。

リクエスト

リクエストパラメタ

Multi Object Deleteは、ほかのbucketに対するPOSTメソッドと区別するためにdeleteパラメタを1つだけ必要とします。

リクエストヘッダー

このオペレーションはすべての操作に共通するリクエストヘッダのみを使用しています。詳細については、一般的なリクエストヘッダを参照してください。

Name Type Description Required
Content-MD5 string base64でエンコードされた128ビットのパーツデータのMD5ダイジェスト。このヘッダは、パーツデータが最初に送信された同一のデータであること を確認するチェックに使用することができます。これはオプションですが、我々は、エンドツーエンドの整合性チェックなどのContent- MD5メカニズムを使用することをお勧めします。詳細については、 RFC 1864を参照してください。 Yes
Content-Length string RFC 2616に定義されたcontentサイズ Yes
x-amz-mfa 使用不可

リクエストボディ

Name Type Description Required
Delete container リクエストのコンテナ Yes
Quiet boolean レスポンスを、削除に失敗したobjectのエラーのみにしたい場合は、この要素にtrueを設定すること。 No
Object container 削除したいobjectのコンテナ Yes
Key string 削除したいobjectのキー名 Yes
VersionId 利用不可

リクエストサンプル

レスポンス

レスポンスヘッダ

このオペレーションはすべての操作に共通するレスポンスヘッダのみを使用しています。詳細については、一般的なレスポンスヘッダを参照してください。

レスポンスボディ

Name Type Description
DeleteResult container レスポンスのコンテナ
Deleted container 削除が成功したobjectのコンテナ
Key string 削除が成功したobjectのキー名
VersionId 利用不可
DeleteMarker 利用不可
DeleteMarkerVersionId 利用不可
Error container 削除しようとしたobjectのエラー発生結果を記述します。削除失敗のコンテナ。
Key string 削除しようとしたobjectのキー名
VersionId 利用不可
Code string 削除の失敗結果のステータスコード
Message string エラー記述

レスポンスサンプル

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/02/09 2018/02/09