List Multipart Upload

処理概要

バケット内のオブジェクトリスト(objectは1000エントリまで)を返します。markerを使って1001エントリ以降を取得できます。

指定bucketのオブジェクトリストの一部を返すリクエストパラメータを使用できます。200 OKのレスポンスのなかには、有効または無効なXMLが含まれています。

リクエスト

リクエストパラメタ

このGETの操作はバケットのオブジェクトリストの一部を返す次の表のリクエストパラメータを使用します。

Parameter Type Description Required
delimiter string デリミタ文字です。 No
encoding-type string レスポンスをエンコードするために要求し、使用するエンコード方式を指定します。 No
max-uploads integer マルチパートアップロードリストの最大値を設定します。1~1,000までを指定します。レスポンスは最大1,000返す事ができます。 No
key-marker string リストの開始位置として、upload-id-markerと一緒にこのパラメタを指定します。 No
prefix string 指定した接頭辞から始まるキーのみを選択します。接頭辞を使うことで、別のグループ化キーと区別することができます(ファイルシステムでのフォルダのよう に、接頭辞を使ってキーをグループ化することもできます)。 No
upload-id-marker string リストの開始位置として、key-markerと一緒にこのパラメタを指定します。もしkey-markerが無指定だった場合、upload-id-markerは無視されます。それ以外の場合は、key-markerに等しいキーのための任意のマルチパートアップロードは、指定されたupload-id-markerより辞書式順序において大きいアップロードIDを持っている場合にのみ、リストに含まれることがあります。 No

リクエストヘッダー

このオペレーションはすべての操作に共通するリクエストヘッダのみを使用しています。詳細については、一般的なリクエストヘッダを参照してください。

リクエストボディ

なし

リクエストサンプル

レスポンス

レスポンスヘッダー

このオペレーションはすべての操作に共通するレスポンスヘッダのみを使用しています。詳細については、一般的なレスポンスヘッダを参照してください。

レスポンスボディ

Name Type Description
ListMultipartUploadsResult container レスポンスのコンテナ
Bucket string 開始されているマルチパートアップロードのbucket名
KeyMarker string リスト開始位置のキー名
UploadIdMarker string リスト開始位置のアップロードID
NextKeyMarker string リストが切断されている時、後続のkey-markerリクエストパラメタで利用できる値が指定される。
NextUploadIdMarker string リストが切断されている時、後続のupload-id-markerリクエストパラメタで利用できる値が指定される。
Encoding-Type string レスポンスにあるobjectのエンコードタイプ
MaxUploads integer このレスポンスに含まれるマルチパートアップロードの最大値
IsTruncated boolean リストが途中で切断されているかを知るフラグ。MaxUploads要素に書かれた最大値を超えていたら、リストは切断されます。もしリストが切断されていたら、レスポンスに含まれるNextKeyMarker/NextUploadIdMarkerを開始位置(リクエストパラメタのkey-marker, upload-id-marker)とした別のリクエストで切断以降のリストを取得できます。
Upload container 特定のマルチパートアップロードに関連したコンテナ。レスポンスに0個以上含まれる要素です。
Key integer 開始されているマルチパートアップロードのobjectのキー名
UploadId integer 開始されているマルチパートアップロードのアップロードID
Initiator container マルチパートアップロードを開始したユーザーのコンテナ
ID string 承認済ユーザーID
DisplayName string ユーザー名
Owner container objectを作成したobjectのオーナーのコンテナ
StorageClass string マルチパートアップロード完了後に保存されるべきストレージ種別。”STANDARD”のみ。
Initiated datetime マルチパートアップロードの開始日時
ListMultipartUploadsResult.Prefix string リクエスト時にprefixが与えられていれば、このフィールドはそのprefixを含みます。このprefixで始まるキーだけがレスポンスに含まれる事になります。
Delimiter string リクエスト時に指定されたデリミタ。もしリクエスト時に何も指定していなければ、レスポンス時にはこの要素は出現しない。
CommonPrefixes container リクエスト時にデリミタを指定していれば、CommonPrefixs要素には個々のkey prefixはデリミタを含みます。個々のkey prefixはPrefixの子要素で確認できます。
CommonPrefixes.Prefix string Prefixを含めずにリクエストした場合、デリミタ文字が最初に出現する位置までをprefixとして表示する。それらのキーはレスポンスのどこにも返されない。

レスポンスサンプル

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/08/15 2018/08/14