利用可能なAPI一覧

サービス操作

対応状況 Name Description AWSとの挙動差分
対応 GET Service リクエストしたアカウントが所有するバケットの一覧を取得します。 無効な値を返す
CreationDate は常に “1970?01?01T00:00:00.000Z” となります。

バケット操作

対応状況 Name Description AWSとの挙動差分
サポート対象外 DELETE Bucket
サポート対象外 DELETE Bucket cors
サポート対象外 DELETE Bucket lifecycle
サポート対象外 DELETE Bucket policy
サポート対象外 DELETE Bucket replication
サポート対象外 DELETE Bucket tagging
サポート対象外 DELETE Bucket website
対応 GET Bucket (List Objects) 指定したバケット内のオブジェクトの一覧を取得します。(レスポンスごとに最大1000まで)
サポート対象外 GET Bucket acl
サポート対象外 GET Bucket cors
サポート対象外 GET Bucket lifecycle
サポート対象外 GET Bucket policy
サポート対象外 GET Bucket location
サポート対象外 GET Bucket logging
サポート対象外 GET Bucket notification
サポート対象外 GET Bucket replication
サポート対象外 GET Bucket tagging
サポート対象外 GET Bucket Object versions
サポート対象外 GET Bucket requestPayment
サポート対象外 GET Bucket versioning
サポート対象外 GET Bucket website
対応 HEAD Bucket 指定Bucketの存在やアクセス権の有無などを返します。
対応 List Multipart Uploads 実行中のマルチパートアップロードリストを返します。
サポート対象外 PUT Bucket
サポート対象外 PUT Bucket acl
サポート対象外 PUT Bucket cors
サポート対象外 PUT Bucket lifecycle
サポート対象外 PUT Bucket policy
サポート対象外 PUT Bucket loging
サポート対象外 PUT Bucket notification
サポート対象外 PUT Bucket replication
サポート対象外 PUT Bucket tagging
サポート対象外 PUT Bucket requestPayment
サポート対象外 PUT Bucket versioning
サポート対象外 PUT Bucket website

オブジェクト操作

対応状況 Name Description AWSとの挙動差分
対応 DELETE Object Objectを削除します。
対応 DELETE Multiple Object 1度のリクエストで指定Bucketから複数Objectを削除できます。(最大1000エントリ)
対応 GET Object HTTP GETを用いてObjectを取得します。(Objectに対してREAD権限が必要)
対応 GET Object acl Objectのアクセスコントロールリスト(ACL)を返します。
サポート対象外 GET Object torrent
対応 HEAD Object Objectのメタデータのみを取得します。
サポート対象外 OPTIONS Object
対応 POST Object 指定BucketへObjectを追加します。(5GiB以下、HTMLフォーム利用)
サポート対象外 POST Object restore
対応 PUT Object 指定BucketへObjectを追加します。 要socket timeout値の変更あり
awsでは上限5GiBですが、クライアントのsocket timeout値を調整する事で5GiB超のobjectを利用できます。
対応 PUT Object acl 指定Bucketに存在しますObjectに対してACLの権限を付与します。
対応 PUT Object – Copy 追加済のObjectのコピーObjectを作成します。 要socket timeout値の変更あり
awsでは上限5GiBですが、クライアントのsocket timeout値を調整する事で5GiB超のobjectを利用できます。
対応 Initiate Multipart Upload マルチパートアップロードを初期化して、アップロードIDを返します。 objectサイズの上限なし
awsでは上限5TiBですが、本サービスではobjectサイズの上限はありません。
対応 Upload Part マルチパートアップロードの1パートをアップロードします。
対応 Upload Part – Copy 追加済のObjectのコピーObjectを作成します。(5GiB超過、マルチパート利用)
対応 Complete Multipart Upload アップロード済パーツを組み立てるためにマルチパートを終了します。
対応 Abort Multipart Upload マルチパートアップロードを中断します。
対応 List Parts 指定したマルチパートアップロードで既にアップロード済のパートのリストを返します。

※Maneger機能となる「サービス操作」「バケットの操作」については、APIの開放は行いません(Admin Console管理画面でのご提供)
※AWS S3 APIとの互換性を保証するものではありません。

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/08/15 2018/08/14