通信シーケンス

信頼関係作成

KDDIドメインとお客さまドメイン間の信頼関係を結ぶ際の通信シーケンスは以下の通り。

  • お客さまDNSにてKDDI ADから、お客さまADの名前解決が可能である必要があります。
  • 信頼関係作成処理は、リモートデスクトップを利用しKDDIファイルサーバ(AD)で実施していただきます。

fs_18

 

アクセス権設定

フォルダやファイルのアクセス権を設定する際の通信シーケンスは以下の通りとなります。

  • お客さまDNSにて、KDDIファイルサーバ(DNS)へ条件付きフォワーダーの設定を行う必要があります。
  • 認証先お客さまドメイン(AD)とKDDIドメイン(AD)間で信頼関係が結ばれている必要があります。

fs_19

 

フォルダ/ファイルアクセス

利用者がファイル参照などをする際の通信シーケンスは以下の通りとなります。

  • お客さまDNSにて利用クライアントから、KDDIファイルサーバの名前解決が可能である必要があります。
  • 認証先お客さまドメイン(AD)とKDDIドメイン(AD)間で信頼関係が結ばれている必要があります。

fs_20

このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
このページは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこのページは役に立ったと言っています。
2018/09/28 2018/09/28